スポーツで学んだ努力と継続の価値を
アナウンスで大勢の人たちに伝えたい

バスケを通して努力することの尊さと継続の価値を実感し、
努力の大切さを自分の言葉と表情で伝えていくことを目指す。

名古屋外国語大学 外国語学部 世界教養学科

岩瀬 千夏

氏名
岩瀬 千夏(いわせ ちなつ)

学校名
名古屋外国語大学

学部/学科
外国語学部 世界教養学科

学年
3年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
広告・通信・マスコミ

志望職種
営業系
専門系

出身
福岡県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
マスコミ業界研究グループ

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

部活動を通して「努力」の尊さを知る

私は中学から高校にかけてバスケットボール部に所属していました。中学時代は試合に出ることが多く、練習も「試合で活躍するための練習」でした。しかし高校では出場機会が減り、練習も「試合に出るための練習」が中心です。このためモチベーションの維持には非常に苦労しました。指導や練習内容も厳しく、当初は「一緒に頑張ろう」と励ましあった同期のメンバーたちも、10人中5人が辞めてしまったほどです。

それでも私は、自分の強みであるシュートを中心に練習に取り組みました。特にスリーポイントシュートは100本決めるまで練習を続けることを日課にし、一日も欠かさずに努力しました。

もちろん、どれだけ努力しても「必ず報われる」とは限りません。私自身は3年間、レギュラーとして試合に出ることができませんでした。それでもわずかな出場機会の中で、数少ないチャンス活かせたのは「努力」を「継続」していたためだと思います。

また私は部活動のスポーツを通して、結果だけでなく「そこに辿り着くための努力」も重要であることを学びました。やる気の有無にかかわらず、どんなときも努力を継続することがその人の成長に繋がります。

 

自分の感じたことを飾らずに話す

大学では「マスコミ業界研究グループ」という団体に所属しています。実は今の大学に入った理由も、このグループに入るためでした。学内にはマスコミ業界への就職を目指す人が大勢集まっていて、私もその一人です。

私がマスコミ業界を目指していたのにはワケがあります。もともと小学生の頃から漠然と「何かを人に伝える仕事をしたい」と考えていました。出身が福岡で近くにプロ野球チームがあったため、特に「スポーツに打ち込む人の姿」をたくさんの人に伝えたいと思ったのです。

入学後は念願かなってグループに所属しましたが、ここも最初のうちは苦労しました。高校までバスケットボールをしていて、これまでアナウンスはまったくの未経験。周りは経験者ばかりだったのに対し、私は人前で話すこともうまくできず、劣等感を感じていました。

しかしここでも成果を発揮したのが「努力」です。自分の原稿読みを録音して何度もくり返し聞いたり、ニュースを注意深く見たりすることで、少しずつスキルが上がっていきました。結果として「うまく話そうとするより、自分が感じたことを飾らずに話すことが大事」ということを深く理解できたと思います。

 

一生懸命な姿を自分の言葉と表情で伝えたい

将来の夢は「伝える仕事」です。具体的にはアナウンサー職での就職を目指しています。アナウンサーとなって、自分の好きなスポーツの取材を通して「頑張っている人の一生懸命な姿」を伝えることが私の目標です。

またスポーツに限らず、アナウンサーの仕事は面白いと思います。多くの人に、自分の言葉と表情で何かを伝えられるからです。自分が辛い時、「誰かの頑張る姿」に励まされたように、今度は私が多くの人に「伝える側」に立ちたいと思っています。

 

[インタビュー日:2019年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る