参加者間の温度差統一のため、共有を
意識、根気強い声かけで一体感を生む

委員長として80名を統率、自らの熱量を伝えつつ対話を重視、
周囲にも適度に頼るなど、多方面からチームの一体感を構築。

宮城学院女子大学 学芸学部 日本文化学科

鎌田 陽菜

氏名
鎌田 陽菜(かまた ひな)

学校名
宮城学院女子大学

学部/学科
学芸学部 日本文化学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ

志望職種
与えられた仕事ならなんでも
事務系
営業系
専門系

出身
宮城県

希望勤務地
東北、関東

学生団体
アカペラコーラス部、MGPR

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり全国大会出場インターン経験あり

放送部に所属、60年ぶりに全国大会出場の快挙を成し遂げる

高校時代、最も頑張ったことは放送部の活動です。高校から始めたため、最初は知識がないまま、大会などに出場していました。意識が変わったきっかけは、ある大会でのアナウンス発表を聞いたことです。目標となる存在を見つけた私は、「放送部60年ぶりの全国大会出場」という目標を掲げ、今までの練習や習慣を見直しました。また部長就任後は、発声練習や体力トレーニングにも意味を持たせるため、部員への声掛けを徹底しました。

その結果、少しずつ部員の意識にも変化が生まれます。個々の目標に向かい、練習に励むようになり、部の雰囲気も大きく変わりました。私個人が意識したことは、アナウンス部門出場のための原稿づくりと読み方の特訓です。中でも、間の取り方と声のトーンに気を配りました。機械的にならないように丁寧に、さらに安心感を与える声のトーンを意識し、他の人との差をつけていました。

その結果、高校3年時に、県大会で2位を受賞し、目標出会った全国大会出場を果たしています。全国大会出場は母校60年ぶりの快挙です。また部としても、とある大会で1位から3位を部員が独占するといった状況にもなり、大きな目標を立て、一丸となって努力することの大切さを実感しました。

 

学芸員過程のシンポジウムにて委員長を務める

大学時代、私が最も力を入れたことは学芸員課程のシンポジウムです。大学2年11月から3年の2月にかけて、80名をまとめるシンポジウムの委員長を務めました。委員長を務める上で私が目指したことは、みんなが楽しく参加でき、かつ勢いのあるものにすることです。しかし、参加学生には温度差がありました。自分だけが熱くなっても、良いシンポジウムはできません。

そこで私が重視したことが「共有」です。自分の思いや考えを言葉にして、生の声と表情で発信しました。昼休みに30分だけ集まってもらい、肉声を通して思いを伝えたり、参加できなかった人にも伝わるよう文章に残したりと、とにかく伝えることを意識しました。中には、モチベーションが上がりにくい人がいたことも事実です。しかし、積極的に話しかけることで、思いに答えてくれる人が少しずつ増えたことを実感しました。諦めず声かけを続けることで、わかってくれる人が増えたことは、純粋に嬉しかったです。

最終的に参加者にまとまりが生まれ、先生方からも「今年のシンポジウムはよかった」とお褒めの言葉をいただくことができ、とても嬉しく思っています。同じ温度でシンポジウムの成功に向け取り組んでくれたメンバーがいたことは、私の心の支えです。そのようなメンバーと共に活動できたことは、何より嬉しく楽しいことでした。

 

共有と周囲に頼ることの重要性を改めて学ぶ

学芸員の資格取得に関しては、美術を好む母の影響と在学中に何か資格を取得しておきたいとの思いが、行動の入り口でした。勉強を通して、趣味の範囲が広がり、とても良い経験ができたと感じます。また、シンポジウムを通じて、自分の思いや考えを相手に伝えることの大切さを実感しました。もちろん、私が一方的に話すのではなく、相手の話を聴きながら共有することが重要です。今後、社会人として働く上でも、共有というキーワードを意識し、役立てていきたいです。

また、活動を通じて、私は周囲に頼ることを学びました。今までの私は人に頼ることにあまり良い印象を抱いていませんでした。しかし、声をかけ手伝ってもらうと、チームに一体感が生まれます。周囲と助け合いつつ、たまには甘えることも、委員長としてみんなをまとめるために必要なひとつの能力だと気づくことができました。

 

人間力を磨き、輝く女性になりたい

将来の目標は、仕事もプライベートも充実している、イキイキ・キラキラした女性になることです。元気や勇気・安心感を与えられる存在は、私の理想です。この目標を叶えるためには、人間力を磨く必要があると考えています。これからたくさんの人に出会い多くの経験を積む中で、より多くのことを吸収し、自分を磨いていきたいです。

 

[インタビュー日:2020年3月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る