学生団体の活動を通し仮説検証からの
問題解決に加え「伝える力」を学ぶ

学生が稼ぐ実績をつくるためフリーランスとして働く傍ら、
マーケティングや交渉力を高め、将来の起業を視野に入れる。

九州大学 経済学部 経済工学科

金丸 崇

氏名
金丸 崇(かなまる たかし)

学校名
九州大学

学部/学科
経済学部 経済工学科

学年
3年生

卒業年
2020卒

志望業種・業界
コンサル
ソフトウエア・通信
金融・証券・保険

志望職種
企画系
金融系

出身
東京都

希望勤務地
どこでもOK

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

仮説検証や問題点の洗い出しから、解決策を導く

私は子どものころから、自分が良いと思ったことを仮説検証し、形にすることを好んでいました。小学生の頃は野球を通して、チームの方向性や練習内容を考え、コーチや監督に提案していたことを覚えています。中学生では他の人とチームを組んで戦うゲームに夢中になったり、高校生では生徒会に参加したりと、興味のある分野自体は変わっていったものの、どうすれば目の前の問題を解決し、目的を達成できるかを考え行動する姿勢が揺らいだことはありません。

そして、大学入学後は複数の学生団体に所属しました。選んだ基準は「団体の理念に共感できるか」「入った後に、自分に何ができるのか」「団体のイメージに対して、自分が進みたいと思うか」といった3つをクリアしているかどうかです。そして、最終的に何事も実際に参加しなければわからないと飛び込んでいきました。全て、主に社会の課題に対して取り組んでいる団体です。

また、大学2年の春に開催したイベントでは、学生団体25団体と協賛企業10社を集めました。新入生に向けた合同新歓という形で、サークルやアルバイト以外に、学生団体やインターンも選択肢のひとつに考えて欲しいと考え、開催を決めました。

 

学生が稼ぐ実績を作るため、フリーランスとして活動

イベントのコンテンツを作成し、開催した後、当初の基準をクリアできたり、想定を上回ったりしたときには喜びを感じます。しかし、悩んだこともたくさんありました。例えば、イベントを開催するための金銭的問題もそのひとつです。

学生がある程度お金を稼げる形を作りたいと考えるものの、実績がない状態では学生はコミットしません。コミットする環境がなければお金は稼げず、稼げないのであれば、学生はアルバイトに流れてしまいます。この悪循環を断ち切り、いかに継続するかを課題としました。

そこで、まずは学生が稼ぐ実績を作るため、現在は私自身がフリーランスとして活動をしています。主な仕事内容は、PR動画の撮影や企業のWEB制作の手伝い、ライティングです。自らが実験台となり、最終的に学生が稼げる形をつくることを目標としています。

 

元々持っていた客観視の能力に加え「伝える力」を学ぶ

学生団体を含む様々な活動を通して、私はマーケティングと交渉力について学ぶことができました。特に大勢の人が関わる場合、状況を知ることも重要です。元々、俯瞰や客観視は得意でしたが、実際に経験を積む中で、団体としての方向性を考えること、自分の視点だけにとらわれ過ぎないことも自然と意識できるようになりました。

また、色々な人に相談したことで得たアドバイスの一部が「人に任せること」「任せたら、信頼して手を出さないこと」「価値観を押し付けないこと」でした。上下関係をつくるのではなく、一緒に考える場づくりができるよう、今も、思考錯誤を続けています。

 

連続起業家として社会の課題を解決し続けたい

私の強みは、問題が起きた際に解決策を出せることだと考えています。しかし、大きな組織で問題解決に取り組んだ場合、大規模なことは可能ですが、細かな部分は抜け落ちてしまう可能性が高いです。そのため、最終的には独立を視野に入れています。

私が目指すのは「連続起業家」です。一企業ではなく、社会全体の課題を解消する仕組みをつくる未来を描いています。自分が良いと思ったものに携わり、世に出て行くためのサポートを一生涯やっていきたいです。

 

[インタビュー日:2018年6月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る