留学を機に自信を持ち、インターンや
団体活動にて、人と接する喜びを得る

挫折を乗り越え、学生団体活動やバリ島でのインターンを経験、
素直な心と人に対する思いを原動力に世界を視野に入れ活動中。

名古屋市立大学 経済学部 マネジメントシステム学科

加納 優依

氏名
加納 優依 (かのう ゆい)

学校名
名古屋市立大学

学部/学科
経済学部 マネジメントシステム学科

学年
3年生

卒業年
2020卒

志望業種・業界
コンサル
人材業界
海外事業

志望職種
クリエイティブ系
企画系
営業系
総合職

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

「自分を好きになりたい!」と留学を選択し一歩を踏み出す

今までを振り返り、私が一番頑張ったことは「自分を好きになること」です。小・中学校時代は勉強も部活も得意でしたが、高校に入り今までと同じようにはいかなくなり、挫折を経験しました。また、大学入学の際に1浪したことで、人間関係になじめず悩んだ時期もあります。

転機となったのは、大学1年の冬です。英語が好きで、英会話に通っていたものの語学力が身についているのかわからず、思い切ってオーストラリアに1ヶ月留学しました。現地では平日の週5日、朝9時から昼2時までは語学学校に通い、他の時間は自由に行動していました。海外に行くこと自体も新鮮でしたが、両親や友達と離れ、自分で考え行動すること自体も初めての経験でした。自分で考え行動する力があることに気付いたことは、大きな発見です。

 

「セントレア旅プロジェクト」に所属し、イベント運営に参加

当初、海外に行く目的は自分自身を好きになるためでしたが、何度も海外に行くうちに、人に対して心を開いて接することができるようになりました。自分が得た学びを人に伝えたいと思うようになり、参加を決めたのが「若者を海外へ」をコンセプトとした団体「セントレア旅プロジェクト」です。大学生が海外に関心を持つことを目指し、イベントを開催しています。

2018年5月から参加していた第1弾では、雑誌を製作しました。10月からは第2弾として、人数を増やしイベント係、インタビュー係、プロモーション係など、係を分けて、より多角的に活動しています。私が所属しているのはイベント係です。自分の経験や周りの人の経験を元に、これから海外に行く人に向けてよりPRできるよう、現在内容を詰めています。

 

学生団体「TEDxNagoyaU」に参加し、スカウトとヘルプを担当する

大学2年の秋からは学生団体「TEDxNagoyaU」に参加しました。年に1回開催されるプレゼンテーションのイベントに向けた、運営・準備が主な活動内容です。ここでの私の役目は、イベントに登壇していただく方を探し、コンタクトをとり、当日話す内容を決めることです。文章を書くこと自体は、得意ではありません。しかし、私の行動の原動力は人です。イベントのメインとなるスピーカーの方と直接コンタクトをとることができる立場に魅力を感じ、自ら志願しました。

また、旅プロジェクトにも言えることですが、私は文章を書く上で、人に伝えることに重きを置いています。基本的な文法などの知識は身につけたいと考えていますが、定型文になってしまわないよう、相手に思いを伝える文章を書きたいです。そのために、今はトライアル・アンド・エラーを繰り返し練習に励んでいます。

 

バリ島でのインターンを経験し、自発的行動に対する評価を得る

大学3年の夏には、1ヶ月バリ島に行きました。1週間はボランティア、3週間はホテルでのインターンを経験しています。英語に対しては少し自信がありましたが、ビジネスで通用するレベルではなく、勉強不足を痛感しました。しかし、ホテルには日本人のお客様が多く、日本語を話すのは私だけだったこともあり、一番のおもてなしをしようと考え、時間の感覚を忘れるほど必死に取り組みました。インターン終了後「あなたはとても雰囲気が良い。今後どこででもやっていける」といった言葉をいただいたり、お客様からお手紙をいただいたりといったことがありました。結果を求めての行動ではありませんが、自発的な行動に対しての評価をいただきとても嬉しかったです。

また、仕事以外にもバリ島では人との関わりについて深く学ぶことができました。特に感じたのは、素直な心の大切さです。何をするにも素直さが大事であり、素直さを失ってしまえば、成長はないと考えさせられました。

将来の業種や職種に関しては、まだ未定の部分も多いですが、私の大学生活と海外での経験は密接な関わりがあります。日本の良いところ、海外の良いところを知った今だからこそ思うのは、国内だけで仕事をするのではなく、世界に目を向けて働くことです。その上でビジネスだけのつながりを作るのではなく、人との関わりがある仕事、人間味のある仕事に就くことが理想です。

 

[インタビュー日:2018年10月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る