アルバイトを経て相手の表情や動きを
読み取る力を習得、おもてなしに活用

議員インターンシップへの参加や、スケッチ・生地選びから
取りかかる服飾デザインなど、多分野に関心を示し行動する。

宮城学院女子大学 学芸学部 心理行動科学科

唐沢 貴衣

氏名
唐沢 貴衣(からさわ きえ)

学校名
宮城学院女子大学

学部/学科
学芸学部 心理行動科学科

学年
3年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)

志望職種
営業系
販売系

出身
宮城県

希望勤務地
東北、 関東

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

インターン経験ありデザイン経験あり

高校時代はソフトボール部のムードメーカーに

高校生活において特に力を入れたのは、部活動です。高校入学とともにソフトボール部に入り、周囲の経験者に引けを取らないよう、人の何倍も練習に励みました。初心者でも練習を積み重ねることで結果に繋がること、努力は報われることを実感しています。

練習は大変厳しく、生半可な気持ちでは乗り越えることができません。だからこそ、みんなで声を掛け合い、助け合いながら頑張りました。チームの中で、私が意識していた役割は、ムードメーカーです。気持ちが変われば、試合でのパフォーマンスも変わると思い、明るい空気づくりを意識しました。

 

アルバイト先で“おもてなし”の心を学ぶ

大学入学後は、週6でバイトに励んでいます。現在のアルバイト先は、特におもてなしに力を入れている店舗です。私がアルバイトを始めた年には、おもてなしコンテストでグランプリをとった店舗でもあります。今年のコンテストには、私が出場することが決まりました。3年間の勤務経験を活かし、お客様に喜んでいただくことはもちろん、働いている私たちにとっても過ごしやすい環境づくりを意識し、PRする予定です。

アルバイトを通して得たものは、相手の立場に立った考え方です。接客、表情、態度のいずれかひとつであっても、受け取るお客様にとっては不快に捉えられる可能性があると学びました。その上で急いでいるお客様に対しては、私も急いで対応するなど、一人ひとりの表情や動きをよく読み取り接客することを心がけています。また、接客中も、気さくに世間話ができるような雰囲気を醸し出す努力をし、お客様との距離を縮めています。コミュニケーションを好まれるお客様から、話しかけていただけたときには、大変嬉しいです。

 

議員インターンシップに参加し、まちの問題に触れる

大学2年のときには議員インターンシップに参加し、社会問題について考える機会を得ました。塩竈市議会議員の方と一緒にまちに出向き、まちの問題を深く知ることができたのは、大きな経験だと感じています。

また、同じインターンシップに参加したメンバーがチームを組み、塩竈市が抱える課題について話し合いを行いました。プレゼンで発表した内容は、塩竈市の良いところを惜しみなく伝えるために、Webや広報活動の充実をはかるといったものです。チームで話し合うことで、今までの自分にはない視点や考え方を得ることができました。

 

女性目線を活かした商品企画やデザインを志望

2年前から、趣味の服飾デザインにも力を入れ、一から服を手づくりしています。特に力を注いでいるのが、下着のデザインです。自分がスケッチを起こし、生地を選び、つくりあげることに魅力を感じています。作成した服は、カメラマンの方に依頼し撮影してもらう体験もしました。一般家庭用のミシンでは、製造に限界があるため、専用の機械の使用を検討中です。

将来は、アルバイトで得た接客経験を活かし、お客様と関わりたいです。服、中でも下着のデザインに興味があります。女性目線を活かし、商品企画やデザインに関わる仕事を希望しています。

 

[インタビュー日:2019年8月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る