大学院での研究、NPOの活動と
「学問」と「経験」を通じて政治を身近に

NPOにおいて「対面でのコミュニケーション」の重要性を学び、
団体での歴代最多学生動員・最高満足度を達成する。

早稲田大学大学院 政治学研究科 政治学専攻
現代政治研究領域

柏倉 全一

氏名
柏倉 全一(かしわぐら ぜんいち)

学校名
早稲田大学大学院

学部/学科
政治学研究科 政治学専攻
現代政治研究領域

学年
修士2

卒業年
2018卒

志望業種・業界
コンサル
商社
百貨店・小売・専門店
金融・証券・保険

志望職種
営業系
総合職
販売・サービス系
金融系

出身
山形県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
NPO法人ドットジェイピー

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり営業経験あり

素朴な疑問から、アメリカ政治にのめり込む

立教大学における学部時代から現在まで、アメリカ政治を研究しています。
このテーマに興味を持った理由は、日本における選挙システムに対して問題意識があったためです。日本の選挙は政策選択選挙になっておらず、どの政党が提案する政策も似たり寄ったりになっています。それに対して、アメリカの選挙は「民主党」「共和党」という二つの軸があり、両者の違いも明白です。
アメリカは戦前から二大政党ですが、1980年の選挙を機に、二極化が決定的となりました。実は、分極化した原因を明らかにしようとする研究は数多く積み重ねられてきましたが、未だに結論が出ていません。したがって、なぜ二大政党の分極化が生じたのかという問いに答えようと思ったのが、アメリカ政治を研究する第一歩となりました。
研究の成果としては、学部4年生の時に他大学との合同発表会があり、そこで最優秀賞をいただくことができました。チームでの受賞ではありましたが、自分自身がこれまで努力してきた結果であるので、筆舌に尽くしがたい喜びを感じました。成果はそれにとどまらず、所属学科の成績優秀者として、卒業式において表彰されました。
大学卒業後の進路として、さまざまな選択肢を検討しました。そのなかで、仕事はいつでもできる可能性がありますが、研究は今しかできないと考え、研究したい分野を専門とする教授がいた、早稲田大学の政治学研究科への入学を決意しました。入学後は、自身の研究に必要な手法、たとえば統計分析などを詳しく学んだ上で、より良い修士論文が執筆できるよう研究に励んでおります。また入学から半年ほどですが、充実した環境で学ぶことができており、自分の選択は間違っていなかったと自負しております。
 

「対面」コミュニケーションを通じて、結果にコミット

大学院における研究と並行して、NPO法人ドットジェイピーの活動にも取り組んでおります。

NPO法人ドットジェイピー

私は以前、政策研究機関に勤めたいと考えていました。その上で地方創生などに貢献したいと思っていたのですが、そのためにはまず「政治家を知る」ことが必要です。その点で、インターンシップを通して多くの議員と交流できるドットジェイピーは大きな魅力を感じ、スタッフになることを決意しました。
担当は、主にインターンシップに参加する学生の集客をして、本年度の4月からは関東支部の代表を務めました。そのなかで苦労したことは、メンバーのモチベーション管理です。メンバーによって活動に対する意欲には差があり、仕事の意義が分からない、やりがいを得られないというメンバーがいました。私は彼ら彼女らにどう変わってもらうかについて、何度も何度も考え直しました。
工夫した点は、対面でコミュニケーションをとることです。小さな依頼でも直接会って伝えるようにし、また、できない・したくない理由ではなく、解決策を一緒に考えるようにしました。場合によってはメンバーの学校やアルバイト先まで向かい、「直接話す」ことを実行しました。その結果、プログラムの充実度も増し、私が代表時には、歴代最多参加学生数・最高顧客満足度を成し遂げることができました。
以上から得た気付きは、自分の意見を「伝える」ことではなく、相手に「伝わる」ことの重要性です。自分自身が伝えたと納得するのではなく、相手が理解したことを確認するまで根気よくコミュニケーションをとり、相互間で納得してはじめて効果があることを学びました。ドットジェイピーで得たこれらの経験にもとづき、今後の人生を歩んでいきたいと思います。
 

政治を手段として、地方創生を具現化したい

ドットジェイピーに入ったきっかけでもありますが、将来的には地域の特徴を生かして、地方創生の手助けをしたいと思っています。
そのツールとして、ドットジェイピーの活動を中心に得た「政治」の経験を生かします。その具体性はこれから考えますが、自分にしか進めない道をどんどん切り開いていきます。

[インタビュー日:2016年9月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る