ミニバスケチームのコーチとして、
粘り強く子どもを指導し、結果を出す

バリ島の孤児院での海外ボランティアや小学生と園児が所属する
バスケチームのコーチ活動を経て、子どもと共に成長し続ける。

愛知淑徳大学 健康医療学部 スポーツ・健康医科学科

加藤 里奈

氏名
加藤 里奈(かとう りな)

学校名
愛知淑徳大学

学部/学科
健康医療学部 スポーツ・健康医科学科

学年
4年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
事務・管理系
営業系
総合職
販売・サービス系

出身
愛知県

希望勤務地
愛知県

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり

バスケ漬けの生活から、新たな挑戦へ

私は小学生から高校生まで、ずっとバスケ漬けの生活をしていました。その中で学んだことは、チームワークの大切さです。チームのために、今、自分は何をするべきなのかを考え行動することが、自分自身のパワーアップに繋がったと思っています。

大学に入学し、まず考えたのは「学生の間にしかできないことをしたい」ということです。以前から興味を持っていた海外ボランティアやアルバイト、バスケのコーチ活動に取り組みました。海外ボランティアの行き先は、バリ島にある孤児院です。現地を訪れるまでは、私の中に、自分が子どもたちにサービスする、与えるイメージを抱いていました。しかし、実際は逆でした。明るくて元気な子どもたちと一緒に遊んだり、食事を提供したりする中で、心の豊かさやパワーを含め、たくさんの気持ちを受け取らせてもらい、良い刺激を受けることができました。

 

クラブチームのコーチとして、子どもたちを指導する

現在、特に力を入れているのが、知多ミニバスケットボールクラブでのコーチ活動です。私が小学生のときに所属していたチームで、小学生と園児にバスケットボールを教えています。

知多ミニバスケットボールクラブ

チームの特徴は、バスケットボールだけでなく、運動能力と心を育てることを大切にしているという点です。私も「バスケットボールを好きになって欲しい」「挨拶やルールなど人として大切なことをできる子どもになって欲しい」との思いを抱きながら、指導しています。

しかし、中には意欲がなくて声を出さない子や、やる気を失って練習中にしゃがみこんでしまう子がいました。一人のやる気のなさは、チーム全体に伝わってしまいます。そこで、私がまず行ったことは、バスケの楽しさを知ってもらうため、ゲーム形式の練習メニューなど、子どもたちが楽しみながらできる仕組みを取り入れることです。さらに、一人ひとりの良い部分を見つけて、褒めて伸ばすことを心がけました。頼られたり褒められたりすることで、子どもは自信を持って行動するようになります。今も、試行錯誤を続けている部分はありますが、個々の性格や個性に合ったアドバイスをすることで、意欲や取り組み方に対する変化が出始めました。

 

粘り強いアプローチを経て、子どもたちの成長を実感する

コーチとして子どもたちに関わる中で、一番嬉しいと感じたのは私が教えた子が試合に出て、活躍している姿を見たときです。最初はドリブルもできない、シュートも届かないというレベルだった子が、試合で得点を決めたときは、成長を感じます。また、普段の練習の中でも、終了時間に「もうちょっとやりたい!」などの声が上がることが増えました。私自身もバスケが好きです。だからこそ、子どもたちがバスケを好きになってくれたことが、とても嬉しいです。

最初は、バスケを教えるだけではなく、その前段階である意欲や礼儀といった部分に関わることに戸惑った時期もありました。私の行動は、すぐに目に見える形で現れたわけでもありません。しかし、粘り強く続けたことで、結果として現れ、フィードバックという形で見えるようになりました。コーチ活動を通し、全力で粘り強く取り組む大切さを学ぶことができたことを実感しています。

 

インフルエンサーとしての未来を描く

私は、今まで海外ボランティアやアルバイト、コーチ活動を通して、様々な人と出会い、出会った人々から刺激を受けてきました。自分の価値観が変わり、世界が広がったからこそ、今の自分が存在しています。

今までは、私は受け取る側の立場でした。だからこそ次は、私が誰かに刺激やきっかけ、影響を与えたいと考えています。インフルエンサーとなることが、私の今の夢であり目標です。

 

[インタビュー日:2018年2月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る