客観視し、理想と現実の擦り合わせに
尽力、本当の自分としての行動を意識

独学の英語学習、サークル、アルバイト、高校生との活動など
多岐に渡る活動経験から全体を把握して動く力を獲得し成長中。

金沢大学 人間社会学域 国際学類

小堀 拓磨

氏名
小堀 拓磨(こぼり たくま)

学校名
金沢大学

学部/学科
人間社会学域 国際学類

学年
3年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
事務系
専門系

出身
石川県

希望勤務地
中部

学生団体
金沢大学よさこいサークル彩-IRODORI-、
TAZUNA

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり英語話せます

独学で英語を学習、受験に向け数学に尽力

私は、小学5年次に姉妹都市への訪問団として中国に行きました。同世代が流ちょうに英語を話す姿に刺激を受け、現在に至るまで英語の勉強に尽力しています。独学でTEDや海外の映画を観続けTOEIC785点、IELTS6.0など英語の語学試験にも積極的に参加しています。

また中学1年夏にはニュージーランドに3週間短期留学し、マウイ族の先住民の子孫である家にホームステイしました。経験を通じて異文化理解を深めるには、自分の心をオープンにしておく必要があることを実感しています。

高校時代に注力したことは、苦手科目であった数学の勉強です。勉強しても点数がとれず、意欲を失う負のスパイラルに陥ったことで、高校2年秋の模試では200点満点中27点をとってしまいました。その後、先生にアドバイスを求めた際にいただいた言葉が「答えを見ずに悩むこと」です。

当時の私はわからない問題が出てくるとすぐに答えを見ていました。しかし、まずは教科書や公式書などを読み漁り、全力を尽くすことが必要だと気づいた私は、自分のペースで再度勉強に励みました。その甲斐あってか夏休み明けの模試では数学の成績を学年30位にまで伸ばしています。ここで身に着けた「悩みぬく力」は今でも大学のレポート作成などに役立っています。

 

よさこいサークルに参加、”正しい自分を見つける“

大学入学後は、金沢大学公認のよさこいサークルに入っています。最初は自分の理想と実際の体の動きが異なっていることもありましたが、動画に撮影して見返したり、人に見てもらったりと、理想と現実をすり合わせる努力を行うことで上達しました。1年の集大成を飾る「本祭」では、4人しか踊れないパートに抜擢されました。

この経験での学びは”正しい自分を見つけること“です。その場しのぎではなく、常に本当の自分で動き考えることを意識するようになりました。同時に、自分の思考を文章に書き出し、言語化する習慣を身につけました。3ヵ月に1回ほど工程を見直すことで、自分の進化や成長を実感することができるため、とても面白いです。
 

中学・高校生と共に活動、人生に影響を与える

大学2年次には、1年間かけて、石川県内の高校1年生とSDGsを含め、2030年の金沢が抱える問題に関するプログラムに取り組みました。アクティブラーニングを進める上での、大学生側としての参加です。私の中では、正直に言いますと活動に対し不完全燃焼の部分もあります。しかし、担当していた4グループ全てから「ありがとうございます」「楽しかったです」との言葉を貰えたことを、とても嬉しく感じました。

活動では、プログラムに関する話以外にも学部・学科のことや自衛隊で働いている知人のことなど、さまざまな内容を伝えました。また、なるべく全員と積極的にコミュニケーションをとるように心がけたことで、会話しやすい雰囲気をつくることができたと感じます。高校生が興味を持って聞いてくれたこと、人の人生に対し影響を与えることができたことを嬉しく思います。また、2020年夏開始の、中高生が命の問題を解決する活動に関しても、大学生メンターとして参加予定です。

 

英語教室のバイトリーダーに就任、丁寧さを意識

英語教室のアルバイトでは、3年生ながらバイトリーダーに抜擢されました。社内で使用するメーリングシステムや顧客管理システムにも携わっています。また他のアルバイトメンバーのケアや外国人講師とのコンタクト、生徒との連絡やトラブル解決など、仕事内容は多岐に渡ります。

大勢と関わりを持ちスムーズな行動を意識したことで、常に全体を見て動く力が備わりました。私は中学時代、いじめにあったことがあります。「そんなことも知らないのか」と言われたところからいじめや偏見が始まった経験から、私は人に説明する際には、本当の基礎部分から丁寧に伝えるようにしています。大きな情報をそのまま投げてしまっては、意図がうまく伝わりません。自分なりに理解した上で細かく噛み砕いて伝えたり、すぐに作業に取り掛かれるように準備をしたりと、私の後に任された人が困らないような工夫をしています。

 

ゼロから新しいものを生み出す大人に

将来は、ゼロから何かを生み出す大人になりたいです。商品やサービスだけでなく、人に対して行動のきっかけとなるタネをまくような、誰かに対して影響力を持ち続けるような人が理想です。夢や思い描いていることを想像だけで終わらせることなく、仕事を通して現実のものにすることを目指しています。

また、個人的には自分の世界を広げるため、世界一周を成し遂げたいです。

 

[インタビュー日:2020年5月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る