サッカーでの挫折から新たな可能性を探し
学生団体で精力的に活動する。

学生団体の共同代表という立場から「人の動かし方」を考え
将来的にも「良い影響」を人に与えられる人間を目指す。

一橋大学 社会学部 社会学科

間瀬 雄也

氏名
間瀬 雄也(ませ ゆうや)

学校名
一橋大学

学部/学科
社会学部 社会学科

学年
卒業生

卒業年
2016卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
広告・通信・マスコミ

志望職種
与えられた仕事ならなんでも
営業系

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体
ガクセイ基地

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり営業経験あり

サッカーでの挫折から、新たに可能性を見出す

私は高校時代、サッカー部に所属していました。
私の通っていた高校の部活は、全国総体にも出るような名門であり、私もその名に恥じないよう、毎日練習に励みました。しかし、技術の差もあり、どんなに頑張ってもレギュラーメンバーにはなれませんでした。また部活に没頭したせいで、学校の成績も次第に下がっていきました。そのせいで私自身、精神的に辛い時期が続き、学校まで足を運べなくなったこともありました。
私は改めて、自分について考えました。サッカーでは勝てないけれど、他の何かでは上回れる、「自分だけの良さ」があるはずだと。自分の中で色々と問い続けてみた結果、サッカー以外にも可能性はあると、よりポジティブに感じられるようになりました。これが、今現在の活動における、私の原点だと感じています。

 

団体のトップとしての立場から、人や組織のあり方を考える

現在、「ガクセイ基地」という団体で、共同代表として活動しています。

ガクセイ基地

ガクセイ基地は国内最大の学生向け情報発信団体で、企業の紹介記事や、学生団体への取材記事の公開を中心に行っています。そこから、多くの大学生が自分の新たな可能性を見つけ、夢に向かって努力してもらうことが大きな目的です。
私が団体に入ったのは、大学2年の秋ごろです。それまではフットサルサークルに参加したり、ドイツへの短期留学なども経験しましたが、自分の中ではどこか物足りない想いがありました。そんな時、たまたま「ガクセイ基地」という団体が存在することを知ったのです。実際に運営側の方とお話をしてみて、「夢中になるものを見つけたい」という想いを改めて感じました。また、活動内容にも魅力を感じたので、入会を決めました。

私が入会した当初は、メンバーの退会が相次ぎ、運営が苦しい状態でした。なんとか状況を変えるべく、私がチームリーダーになり団体を動かす役割を任されました。その時私が特に意識したのは、メンバーに「やりがいを感じてもらう」ことでした。新歓を行った結果、新しく6人ほどのメンバーが加入しましたが、やりがいを感じられなければ、彼らが団体にいる意味はありません。私は、新しいメンバーのモチベーション喚起のために、何が必要かを改めて考えました。
そこで行ったのは、「取材の流れを明確化する」ことでした。これまではただ「学生団体の取材をやれ」という形で、任されたメンバーに初めから終わりまで丸投げ状態でした。しかし、新入生は当然慣れておらず、具体的なフローが分からないという問題があったのです。そこで、私は段取りをできるだけ丁寧に教え、またマニュアルなども作成して基本的な部分を共有できるように工夫しました。また、ガクセイ基地が何を目標としているのかなど、長期的なビジョンについても全員が共有できるようにし、メンバーそれぞれが、自分は何のために行動するかを考えられるようにしました。

さらには、「メンバーの話を聞く」ということもより意識するようになりました。それまでの私はどこか、自分に対して過剰な自信を持っていて、周りに対しても「こうした方がいい」と口を出してしまうことが多くありました。そうした発言には相手を否定するニュアンスが少なからず含まれており、言い方によっては相手を傷つけてしまうこともしばしばありました。私は相手の表情や態度などをよく観察し、その人や状況にあったコミュニケーションを意識するようになりました。
その結果、新入生も団体の業務に注力できるようになり、団体の運営としてもより円滑になったように思っています。ここから私は人の動かし方や、基本的なコミュニケーションのあり方などを学び、団体だけではなく自分のあり方についても、深く考えるよいきっかけになりました。
また、コミュニケーションについても、考える機会は多くなったように思います。自分が普段人と接する時の改善点を知り、その上で「話す楽しさ」を見出せるようにもなりました。

 

より多くの人に夢を与えたい

今後の団体の方向性としては、記事の充実ももちろんですが、イベントの企画も積極的に行っていきたいと思います。対面形式でのコミュニケーションを行うことで、より周りの人の、団体に対する親密な気持ちも生まれてくると思うからです。
将来的には、団体で意識していることでもありますが、より多くの人が夢や志を抱いて生活できる社会を作りたいと思っています。そのための手段としては、人に「面白そう」と感じさせることのできる広告を中心に見ていますが、できるだけ視野を広く持ち、今後の人生を歩んでいきたいと考えています。

[インタビュー日:2014年8月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る