オンライン勉強会運営、異なる考えや
価値観を受け入れ、良好な関係性構築

情報を得て経験を積むことで、自分の選択に自信をもち、意識
改革に成功、経験を生かし若者の背中を押す存在を目指す。

文教大学 経営学部 経営学科

松瀬 傳篤

氏名
松瀬 傳篤(​まつせ ひろと)

学校名
文教大学

学部/学科
経営学部 経営学科

学年
3年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
サービス・インフラ

志望職種
事務系
営業系
販売系

出身
愛媛県

希望勤務地
関東、中部

学生団体
武蔵-殺陣剣舞会-、
学生団体WAKODO

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり○○道やってます

「自然探究部」「弓道部」に所属、人と関わることに自信を持つ

私が通っていたのは、中高一貫校です。環境の変化が少ないこともあり、当初は、非常に狭いコミュニティのなかで過ごしていました。考え方を変えるきっかけとなったのは、高校1年生の秋です。彼女ができ、交友関係が広がったことで、人と関わる楽しさに気づくことができました。

さらに高校2年生の途中から、新しい環境に身を置きたいと「弓道部」「自然探究部」の2つの部活に所属しました。どちらも初めての挑戦です。自然探究部では、キャンプや山登り、釣り、化学実験など、さまざまな経験を積むことができました。また、周囲の信頼を得て、会計に就任しました。新しい環境に馴染むための努力が実り、人と関わることへの自信がついたと感じています。

 

人材教育会社主催のオンライン勉強会を運営

現在は、たくさんの情報に触れ、多くの経験を積むことに注力しています。高校時代の私は、偏差値が将来を決めると考えていたものの、大学受験に失敗し、第一志望校を諦めました。入学当初は落ち込みましたが、自分が選んだ選択肢を正解にしたいと、大学入学と同時に、たくさんのモノに触れることを目指し、今に至ります。

現在は学生団体に所属し、人材教育会社主催のオンライン勉強会を運営しています。勉強会を経験したことで、後悔のない、充実した人生を送りたいとの自分の願望に気づきました。

また、自分の将来についても真剣に考えるきっかけとなったと感じています。さらに物事をポジティブに捉えることができるようになり、新しいことへの行動力も生まれました。今度は、自分と同じように、生き方について悩んでいる人の助けになりたいと考え、現在は運営として活動中です。

活動において、特に難しいと感じるのは人間関係です。当初の私は、みんなで楽しく活動することに重きを置いているため、団体の和を乱す行動をとる人などに対し、注意・指示することに苦手意識がありました。また、周囲の目を気にすることで、自分の行動に制限がかかる課題に直面していました。

現段階で、全ての問題が解決したわけではありません。しかし、まずは相手と自分の価値観・考え方をすり合わせるため、相手を受け入れた上で、行動理由を考えるようにしています。私が相手の考えに寄り添おうとする態度は、相手にも伝わるものです。相手の私に対する警戒心も薄まり、関係を改善することができました。

また、自ら発信することに対しても、当初考えていた「全員に嫌われたくない」との考えを捨て、賛同してくれる人を大切にする考えに切り替えました。行動できた理由として、私自身の過去を受け入れ、ずっと味方でいてくれている人の存在がとても大きいと感じています。

 

「自分の人生は、自分で選択できる」ことを実感し、行動力に拍車をかける

オンライン勉強会を通じて、さまざまな人とのつながりと、自分を受け入れてもらえる喜びを実感しています。運営をしている仲間や勉強会の参加者から、私の行動に対し、感謝の言葉を伝えられたときは、私の活動が認められたと感じ、特に嬉しいと感じました。「話を聞いてくれて、ありがとう」「松瀬さんに話をしたら楽になった」といった言葉は、強く印象に残っています。

また、運営をする中で、私自身も「自分の人生は、自分で選択できる」ということを学びました。降りかかるできごとに対し、どう解釈し、どう行動するかは、全て自分で決めることが可能です。この学びによって、私は責任転嫁せず、自分の行動に自信を持つことができるようになりました。

運営を続ける上で、私が大切にしているのは、思いやりの気持ちです。幼少期の家庭環境より、私は人の話を聞き、多様な意見を受け入れて考えることが得意です。今も、相手の意見を受け入れ、望みを叶えるための行動を重視しています。

 

目標は、若者たちのターニングポイントとなる存在

将来は、これからの人生について、迷ったり不安を感じたりしている若者に対し、背中を押し、アドバイスする仕事に就きたいです。私自身もこれまで、さまざまな不安を抱えてきましたが、情報に出会ったことで、背中を押してもらえたと感じています。

これからは、私の持っている情報や積み重ねた経験を活用し、これからの時代を生きる若者たちのターニングポイントとなる存在を目指しています。「松瀬さんのおかげで人生が変わりました」と言われたいです。そのためにも、まずは、自分の価値観をしっかり持った上で、いろいろな人の価値観をも受け入れられるような心の広い大人になりたいです。

 

[インタビュー日:2020年12月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る