インターンの営業経験を経て、仕事を
自分ごとに捉え、チャレンジを続ける

イベント実行委員やインターンでの営業を通じ、チームワークの
重要性とPDCAの必要性を学び世の中を変える仕事を目指す。

法政大学 社会学部 社会学科

松下 睦

氏名
松下 睦(まつした むつみ)

学校名
法政大学

学部/学科
社会学部 社会学科

学年
4年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
IT系
サービス
マスコミ
広告
海外事業
美容

志望職種
IT系
クリエイティブ系
企画系
営業系

出身
埼玉県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験ありインターン経験あり

イベントの実行委員経験を経て、チームで活動する楽しさを知る

大学2年のときにルーティンな毎日を変えたいと始めたのが、大学のイベント「グローバルフェスタ」の実行委員です。元々、留学や国際ボランティアに興味があり、20名の実行委員と共に、動員数約400名のイベントを開催しました。

新しいコミュニティに参加し、周りの人たちから刺激を受ける毎日は、楽しくて仕方がありませんでした。企画自体が初めての経験ということもあり、タイトルひとつから全員で議論する楽しさが特に印象に残っています。また、メンバーには海外渡航経験がある人やもうすぐ留学する人もいて、「私も負けていられない」とスイッチが入りました。参加者側では決して味わえない、チームでひとつのものを作り上げる喜びを感じた経験が、私にとってのグローバルフェスタでした。

 

インターンに参加し、営業を経験

実行委員の活動が落ち着いてきたときに、新たなチャレンジとして始めたのはIT系ベンチャー企業のインターンです。CtoCのマッチングサービスに興味を持ち、主に営業を担当しました。まだお客様もいない状態からのスタートです。ニーズを探し、作戦を立て、実行に移す日々が続きました。

思うように成果が出せず、チームとしてどう動けば良いのか悩んだこともありましたが、自分自身と向き合う良いきっかけになったと思います。また、会社で働く以上は失敗した理由を突き詰めて改善方法を探る必要があること、PDCAを回す大切さにも気付くことができました。

 

仕事を自分ごととして捉えて動く大切さ

サービスを愛してやまない人たちばかりが集まっており、日々、どうすれば良いのかを考え、チャレンジを続けることがとても楽しかったです。世の中を変えることができると、みんながキラキラしていました。また裁量権もあり「この方法でやりたい」と提案したことに対して、実際にチャレンジさせて貰えたことも大きかったです。うまくいかなかったときにも、事業部長などにアドバイスをいただき、再チャレンジすることができました。

私は、今まで「働く=やらされ・同じことの繰り返し」と思っていました。しかし、インターンを経験して気付いたのは、社会問題に関わり、人に寄り添って考えることができるビジネスが存在することです。同時に「やらされている」という感覚のまま働くのではなく、いかに自分ごととして捉えて動けるのか、それが仕事の上では大切だと学ぶことができました。このことは、大きな成果だと思います。

 

人との出会いから自分の考えと向き合う

今、もうひとつ私が大切にしていることは、フットワークを軽くして動き、色々な人と会うことです。例えば、ひとつのイベントに参加することが次の出会いに繋がります。色々な企業の方や内定者の方、フリーランスの方や起業を考えておられる方など、世の中には様々な人がいて、色々な生き方がありなのだと気付かされました。私自身の軸がまだ決まっていないからこそ、他の人の価値観を知り、自分自身の中にある考え方に気付くこと、新しい発見をすることが重要なのだと思います。

 

チャレンジを続け、理想の自分で居続けたい

私が楽しいと感じるのは、人が喜んでいる姿を見たときです。例えば企画したイベントの参加者の方が「楽しかったね」と話す声が聞こえる、そのような状況が嬉しく、やりがいにも繋がりました。

今後、社会に出て働く上でも、人の生活を少し後押しできるような、少し豊かに変えられるようなことに携わっていきたいです。サービス、ものづくり、マーケティングなど、職種はまだ未定ですが、私自身が楽しみながら取り組んでいける仕事が希望です。また、常にチャレンジし続けられるような環境で働き、世の中を変える仕事をすることが私の夢です。

 

[インタビュー日:2017年12月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る