団体での活動や短期留学が
自らの価値観に変化をもたらす

実際に自分の目で見て肌で触れたことで生命や
自己肯定感を尊重し合える世界の必要性に気づく。

東北大学 農学部 生物生産科学科

村山 千尋

氏名
村山 千尋(むらやま ちひろ)

学校名
東北大学

学部/学科
農学部 生物生産科学科

学年
3年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
コンサル
広告

志望職種
事務・管理系
企画系
総合職

出身
新潟県

希望勤務地
関東

学生団体
AIESEC

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

自分も当事者となり6週間海外に行く

私は、大学入学後から現在までAIESECという団体に所属しています。

AIESEC

団体には、海外からのインターンを受け入れるチームと海外へインターンを派遣するための斡旋チームがあり、私は受け入れチームで活動しています。
私は、大学入学後「勉強以外のことで社会貢献を大事にしている活動がしたい」と思っていました。そんな時に、前代表の話を聞き「この団体なら、私でも楽しみながら成長できそう」と感じ活動に参加したのです。活動をしていく中で「運営しているのに自分が団体の概要や活動の詳細が分からないと気持ち悪い」と感じました。また「大学生のうちに海外でプロジェクトを進める経験がしたい」という思いも持っていたのです。その中でいくつか希望があったのですが「子どもたちの自己肯定感を高めたい」という一つに当てはまるインターンがありました。そして、2年生の冬に6週間かけてスリランカの教育系インターンに参加したのです。

スリランカに行く前は「発展途上国だから幸せに暮らしている人はとても少ないのだろう」と思っていました。実際は、現地の人たちは毎日楽しく過ごしており、いい意味でギャップがあったのです。しかし、地方では子どもたちと話していると自己肯定感が低いと感じます。
その中で、とある家族に話を聞く機会があり、働く時間が少ない中で、子どもたちのために頑張っている姿を見ると心打たれるものがありました。
そこで、子どもたちに勉強を教えたり、遊んだりしたのです。最初は全く興味を示してくれず、話も聞いてもらえず苦しかったこともあります。しかし、それでも粘り強く取り組んだ結果、徐々に子どもたちも私に向き合ってくれ、仲良くなることができました。6週間の経験を通じて、今まで以上に相手のために考え行動することの大切さを学べたと思っています。
 

リーダーとして受け入れを担っていく

3年生になり、リーダーとしてチームをまとめています。私のチームは現在、チュニジアからのインターン生を岩手県内の企業への受け入れ斡旋を担当中です。相手が日本の文化に慣れ親しみ、岩手の人と仲良くなり「また日本に行きたい」と思ってもらうようにすることが目標です。

私は、活動を始めて3年目ですが、途中で辞めたいと思うこともありました。なぜなら、周りのメンバーは意識が高く優秀な人が多く、その人たちと比較して落ち込むことも多くあったからです。しかし、団体理念である「平和で人々の可能性が最大に発揮された社会」に共感を持っており頑張ることができました。
私も生涯を通じて戦争や人々の差別がなくなり一人ひとりがやりたいことを実現できるような環境を作りたいと思っています。
 

姉に影響され始めた少林寺拳法で自分が形成される

私が積極的な性格になれたのは、高校時代に始めた少林寺拳法での経験が大きいと思います。それまでの私は積極的な性格ではなかったのです。
しかし、姉が高校で空手を始めたのを見て「とてもかっこいい。私も何か武道を始めたい」と思いました。私は、スポーツがそこまで得意ではなかったのですが、高校入学後に少林寺拳法を始めたのです。実際に始めてみると、とても新鮮で、のめり込みました。少林寺拳法の型をビデオで見たことを実践しても全くできないこともあったのです。その時に、私の中に闘争心が芽生え「どうせやるなら極めたい」という思いが生まれ、ビデを見る時には細部まで見て体を鍛えるようにしました。そのおかげか、自分の成長を実感でき、全国大会に出場することもできたのです。
 

生命を大事にするビジネスを起こしたい

大学入学後、授業を通じて、日本では食事が軽視されていることに問題意識を持ちました。食事は、他のことと比べ日常的に必要不可欠なものですが、価格が低下してきているように感じます。それは、その分野で働いている人がきつくなり、食に対する関心・優先度は低くなっていくのです。つまり、食事を軽視することは、他の生命、究極は自分の命を軽視することだと考えています。
そこで、大学卒業後は、コンサルやマーケティング分野を学べる企業で実力をつけたいです。そして、何らかの形で私の問題提起を解決できるようにアクションを起こしていきたいと思っています。

[インタビュー日:2017年5月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る