サッカーに打ち込みチームプレーでの
協調性と、自己主張のバランスを学ぶ

チーム力向上を目指し、真の協調性とは何かを常に追求、
自己表現力を磨き、個性の発揮と人の和の調和と模索を行う。

首都大学東京 都市教養学部 都市教養学科

中川 比呂斗

氏名
中川 比呂斗(なかがわ ひろと)

学校名
首都大学東京

学部/学科
都市教養学部 都市教養学科

学年
2年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
マスコミ
メーカー
人材業界
海外事業

志望職種
クリエイティブ系
企画系
技術・研究系

出身
三重県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体
アカペラサークル das Lied

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり全国大会出場

サッカーを通じ努力とチームプレーを学ぶ

私はこれまで、勉強とスポーツの両立を目指し、努力してきました。やるべきことをしっかりとやり、常に自分を成長させることを心がけています。小学生から打ち込んできたサッカーでは、目標に向けて努力達成することと協調性といったチームスポーツならではの学びを得ました。

最も学びが活かされたのが、中学3年生のときの全国大会出場経験です。チームが全国大会の前段階である東海地区大会に出場した際、私はレギュラーに選ばれることはなく、ベンチで苦い思いを味わったことを今でも強く覚えています。悔しさから全国大会では必ず選手としてプレーすると決意し、積み重ねたのがマイナスの経験を次に活かす努力です。ノートに毎日の目標と反省を記し、1つひとつのプレー・技術を丁寧に練習しました。弱点を克服し実力を伸ばすことに集中した結果、レギュラーとして全国大会出場を果たすことができました。

 

協調性を追求し、チームプレーに結実させる

私は自分がプレーしない試合でも、自分のことのように応援しました。チームとしての達成を目指す場合、特に必要となるのが協調性です。私は真の協調性とは相手に合わせるのではなく、自身の主張をしっかりと行い、かつ相手の意見も尊重した上でもたらされるのだと考えました。個人が集まりチームを作る以上、それぞれに主義主張があるのは当然であり、真剣になればなるほど意見の衝突は避けられません。はじめは悩みましたが、経験を重ね、葛藤を乗り越えてきました。

試合の相手が強ければ強いほど、高いチーム力が無ければ勝てません。相手とのせめぎ合いを制するには、戦略の理解共有が必須です。さらに、メンバー同士のコミュニケーションが必要と捉え、向上に努めてきました。また、自分ができることは、率先して行動し、惜しみなくチームに貢献しました。そして手にした勝利を全員で分かち合えたことは、私にとっての大きな喜びのひとつです。

 

アカペラサークルで自己表現に挑戦

現在は大学でアカペラサークルに所属し、活動しています。これまで培った協調性に加え、自分を表現する能力を身につけたかったからです。歌をきっかけに写真やギターなどにも挑戦し、思いをアウトプットする多様な手段を模索しています。とはいえ、アカペラはグループ活動であり、サッカー同様に仲間を理解する気持ちが必要です。さらに、美しいハーモニーを奏でるためにお互いの声質とリズム感を把握し、寄せ合う作業を通じて人を観察する眼も鍛えられています。

メンバー同士の意見のぶつかり合いを避けることはできません。しかし、納得のいく音楽を創り上げるためには必要なことだとプラスに捉えています。難しいことではありますが、全員でつくりあげるハーモニーは気持ちよく、1人では決して生み出すことのできない美しさに魅力を感じています。

 

人と積極的に関わり、マルチプレイヤーを目指す

私は人のためにできることをし、役に立ちたい気持ちを強く持っています。求められ、リーダーを務めた経験も多く、周りの期待に全力で応えてきました。また、誰とでも打ち解けるのは私の長所です。今後はこれらの資質を活かした上で、自身の意見をしっかりと持ち、社会と関わっていくことが目標です。

将来の職業はまだ明確に決めていませんが、関心を持つことに素直に挑戦して勉強を重ね、認められる人間になりたいです。そして、人との関わりを大切にし、やり甲斐を共有できる仕事をしたいと考えています。

 

[インタビュー日:2019年3月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る