挫折を何度も乗り越えた精神力に加え
IT業界への知見で理想の実現を目指す

自己の経験を通し「誰もが認められる小さな世界」を着想し、
ブロックチェーン技術の活用によって理想の実現を目指す。

一橋大学 商学部

中村 優介

氏名
中村 優介(なかむら ゆうすけ)

学校名
一橋大学

学部/学科
商学部

学年
2年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
広告・通信・マスコミ
業種・業界は問いません

志望職種
IT系
事務系
営業系

出身
大阪府

希望勤務地
関東、どこでもOK!

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

挫折をバネに何度でも立ち上がる

私のこれまでの活動は、チャレンジと挫折の繰り返しです。たとえば中学ではハンドボール部に所属し、キャプテンをしていました。中高一貫校だったので高校も同じ部活でしたが、「自分には向いていない」という思いから高校進学後はキャプテンを辞退しました。ある意味一種の「挫折」ですが、その代わり自分に合ったプレースタイルを確立することができ、その後は試合でも活躍できました。

大学では、部活の先輩の紹介でボート部に入りました。2年間在籍していましたが、競技のスタイルが自分に合っていないと感じたことと、怪我などもあって辞めてしまいました。失意のまま「自分は何がしたいんだろう」と悩み、結果として大学は留年。大きな挫折体験を味わいました。しかし、これによって得られたのが「他の人が敷いたレールを進むのではなく、自分らしい強みを活かす」という視点です。

次にチャレンジしたのはビジネスです。新たな視点を手に入れたあと、たまたま参加したビジネスプランコンテストで優勝したのがきっかけでした。コンテストの開催地は宮崎県の日南市でしたが、そのまま勢いで日南市への移住と起業を決断しました。ところが実際に起業してみると、描いたビジョン通りに事業が進みません。先が見通せない中で「継続する」粘り強さも足りなかったため、半分ニートのような生活をするようになってしまいました。

精神的にも非常に辛い時期でしたが、「一人でやる」ことを諦めたことで手に入ったのが「仲間」です。それぞれ違う特技を持った仲間が集まったことで、現在行っている活動へのきっかけを掴むことができました。

 

「補い合える仲間」と一緒に再チャレンジ

宮崎で出会った同年代の仲間たちは「粘り強い継続力」や「営業力」「メンタルの強さ」など、それぞれが強みを持っています。そこに私の「企画力」を合わせ、新しいビジネスプランを形にすることができました。それが今手がけている「インタビューメディア」です。

立ち上げの際は、仲間同士でそれぞれが「何ができて、何ができないのか」を突き詰めて話し合いました。またそれ以降も話し合いの機会をできるだけ多く作り、わずかな違和感も共有できる体制を作っています。こうすることで当初のビジョンをブレさせず、思い描いたビジネスプランを実現できました。

 

ブロックチェーンの活用で「小さな世界」を創造したい

私は幼少時から変人と呼ばれ、親や教師から「普通であること」を強要されて育ちました。その苦しい体験から生まれたのが「誰しもが自分の軸を持って生きられる世界を作る」という目標です。そしてそのためには「ありたい自分を認めてくれる小さな世界」がたくさん必要だと思っています。どこかで自分を認めてもらえなくても、「帰れる場所」がいくつもあるというのは大きな安心感に繋がるのではないでしょうか。

それを実現するのが「トークンコミュニティ」という考え方であり、「ブロックチェーン」という技術です。今はまだ技術が十分に進化していませんが、技術革新はいずれ訪れます。現在はブロックチェーンの基盤技術を開発している会社でインターンに参加し、最先端技術の実戦経験を積んでいる最中です。

いずれは、学んだことやこれまで積み上げてきたことを活用して、夢である「小さな世界」を実現するシステムを開発・運用したいと思っています。

 

[インタビュー日:2019年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る