インターンで得た縁を大切に、学生と
ロールモデルとの交流の場を提供する

自ら社員に働きかけ、会社を巻き込みプロジェクト成功に繋げ
インターンで得た知識や経験を元に、イベントを開催し続ける。

岐阜大学 社会科教育講座 現代社会専攻

西角 綾夏

氏名
西角 綾夏(にしかど あやか)

学校名
岐阜大学

学部/学科
社会科教育講座 現代社会専攻

学年
3年生

卒業年
2020卒

志望業種・業界
コンサル
ソフトウエア・通信
マスコミ
人材業界
官公庁・公社・団体
広告
金融・証券・保険

志望職種
企画系
営業系
総合職

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

1回目のインターンシップにてまちおこしイベントの主催・企画を行う

働くことや社会に出ることに対して具体的なイメージが持てなかったため、まずは自分が社会に出てみたいとの思いから、大学1年の春休みに、岐阜県大垣市にある枡屋さんにインターンシップに行きました。内容は、特産品である枡を使ったまちおこしイベントの主催・企画です。市役所とも連携した取り組みでした。広場を貸し切り、ブースを設けて、地域の幼稚園の生徒さんに枡を使ってつくってもらったアート作品を展示したり、枡と枡を組み合わせ、中には枡を作るときに出る端材を入れて楽器のようにした上で、演奏するステージを作ったりと、社員の方やボランティアの方と一緒に新しい枡の使い方をPRすることができました。

 

NPO法人の広報では、学生のロールモデルとなる人物との出会いの場を設ける

2回目のインターンシップは、若者や中小企業支援を行なっているNPO法人での広報です。私も、1回目のインターンシップを仲介していただきました。最初は、学生に対する周知や、インターン数を増やすことを目的にプロジェクトを立ち上げたものの、長期的なインターンが多く、学生のニーズと合わないことから方向性を転換しました。

NPO法人のオフィスは、コワーキングスペースのような空間になっていたため、まず考えたのは、学生が事務所に足を踏み入れる機会を増やしたいということです。そこで、社員の方や社会人の方と学生が話す場を設け、交流会を開催しました。

現在、インターンシップ自体は終えていますが、NPO法人の担当者の方からは会場を貸していただき、自由に企画・運営する機会をいただいています。今まではインターンのOB・OGなど、ゲストにも制限がありましたが、現在は大企業に勤めている方からフリーランスの方まで、様々なタイプの社会人の方をお招きし、交流会を開催しています。初回に関しては私が過去に出会った方に連絡を取り、企画趣旨を伝えた上で来ていただきましたが、私の中にも「自分が今まで出会ったことがない大人に出会いたい」との思いがあり、次のゲストを紹介していただく、紹介制度を取り入れたところ、好評です。参加者は毎回およそ20名程度で、座談会のような雰囲気で開催しています。

 

自分から社員の方へのアプローチを行い、プロジェクト成功を導く

2つのインターンシップに共通して言えることですが、自分に任された仕事の範囲が大変広く、当初は他の方のサポートが得られない状態でした。しかし、社員の方々も「学生が自分たちの業務外の内容に取り組んでいる」といった認識であり、どうコンタクトをとれば良いのかわからないといった思いを感じてくださったように思います。そこで、私の方から、事前に質問や企画をまとめ、フィードバックを求めたり、社員の方同士のお話に参加させていただけるかを尋ねたり、相談させていただいたりと、様々な内容のアプローチを心がけました。その結果、社員の方からの情報提供や助けていただく機会に恵まれ、会社全体を巻き込んだ状態でプロジェクトを成功させることができたのだと思います。

 

インターンシップ後もイベントを開催し、得た縁を大切にし続ける

インターンシップによる一番の学びは、人との繋がりが圧倒的に増えたことです。内部の方はもちろんのこと、他社の社会人の方とも繋がることができました。また現在も月に一度イベントを開催しているため、月3回のペースでオフィスを訪れています。一度きりの縁ではなく、これからも大切にしたい縁ができたことがとても嬉しいです。

また、活動を通してもうひとつ実感しているのが、発信の大切さです。私は周囲を気にして一歩引いている部分がありましたが、自分から言わなければ、私が困っていることも仲良くなりたいと思っていることも、相手には伝わりません。その殻を破り、自己開示できるようになったことで、仕事だけでなく友人や家族との人間関係もスムーズになりました。

活動を通して学んだ「人が一番大事」との思いを胸に、今後は異なる視点を持った人や同じ思いを持つ人など、様々な人と人とを繋げる立場になりたいです。そして、全ての人が自己肯定感と自己有用感を感じられる社会をつくることが今の私の夢です。

 

[インタビュー日:2018年8月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る