さまざまなボランティア活動に参加、
社会問題の根本解決に向けて邁進する

社会人と共に地域復興や福祉などの「社会問題」に取り組み
一過性ではない継続的なボランティア活動の可能性を探る。

大阪府立大学 現代システム科学域 マネジメント学類

野田 蛍太

氏名
野田 蛍太(のだ けいた)

学校名
大阪府立大学

学部/学科
現代システム科学域 マネジメント学類

学年
2年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ
銀行・証券・保険・金融

志望職種
営業系
専門系
販売系

出身
大阪府

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
V-station、堺しらさぎArt Avenue

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

ボランティア活動で社会人と連携

大学では学校が組織するボランティア団体「V-station」に所属しています。そこでは既存のボランティア活動に参加するだけでなく、新たなボランティア活動を生み出す取り組みにも参加してきました。

そのひとつに地域復興をテーマとしたものがあります。「堺しらさぎArt Avenue」という、学校が位置する白鷺町の復興を目的とした学生団体による活動です。もちろん学生だけでなく地域の商店街連盟の方々とも足並みを揃えながら、これまで年間を通しさまざまなイベントを開催してきました。特に、多くの老若男女や障碍者の方を巻き込んだイベントではメディアにも取り上げられるなど、大きな成果を上げています。

また、力を入れているもう一つの取り組みは、「車椅子ルートマップ」の普及です。車椅子ルートマップというのは、車椅子の利用者が駅構内や駅周辺の施設などにアクセスしやすいよう整えられたマップのことです。中心となっているのは三木谷さんという方で、すでに東京や神戸を中心に350以上の駅で車椅子マップの普及を行ってこられました。私もこの活動にご一緒させていただき、「どんな方でも過ごしやすいまちづくり」の実現を目指しています。

 

ボランティア活動の課題は「継続」

地域復興や社会福祉などさまざまな活動に参加させていただく中で、私なりにボランティア活動の課題も考えるようになりました。それは「活動が一過性に終わる」というものです。よく「ボランティアは時間とお金のある人しかできない」といいますが、これはボランティア活動の継続が困難であることを意味します。どのような社会問題に取り組むボランティアであっても、継続できなければ、困っている人を本質的に助けることはできません。

私は1回生のときから数多くのボランティア活動に参加していますが、特に2回生になってからはこの課題を強く意識するようになりました。先ほどご紹介した三木谷さんのお力も借りつつ、「活動を長く続け本質的な問題にアプローチできるビジネスモデル」の考案・実行に日々尽力しております。

 

活動を通して見つけた使命

車椅子ルートマップの普及に携わるきっかけとなったのも、白鷺町で行った数多くのボランティアです。白鷺町には障害をもった方が働く作業所が多数あり、活動をおこなっていく中で私はその方々と交流を深めていきました。その折に現代日本社会の障害を持った方々に対する配慮の甘さや、活躍の機会を搾取している現実を知りました。そして同時に、ボランティア活動だけではその問題を根源的に解決することはできないのだと、痛感することとなります。

しかし、その現状と問題を学んだ私、そしてこの活動を未来の社会を創る学生が主体となり、活動していくことが重要であるという使命感も得ることができました。その一環として車椅子ルートマップの作成を試み、車椅子利用者の生活改善、社会進出への尽力を目標として掲げています。

また、企業様から協賛していただく際に、学生ならではの視点から生まれるアイデアをサービスとして付け足すことにも注力しています。企業様から協賛していただく際に、車椅子ルートマップへの協賛の価値を上げていこうと日々奮闘している最中です。

 

社会問題の根本解決を目指す「おもろい人」に

今後はボランティア活動で得た能力や知見、人とのつながりを生かし、ひとつでも多くの社会問題を根本解決に導いていきたいです。ボランティア活動がしっかりと継続していけるビジネスモデルを発案・実践し、それを社会に浸透させることを目指します。もちろん、次の世代の育成も重要な課題です。

同時に「おもろい人」になりたいと思っています。「おもろい人」というのは、自分の目の前にあることに前向きで、それを楽しそうにやっている人のことです。そういう人は、周りからはキラキラしていて、とてもカッコよく見えます。私も「おもろい人」になるため、過去の体験を生かし今の活動にしっかり取り組みながら、この先の道を見つけていくつもりです。

 

[インタビュー日:2019年10月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る