ドイツから得た語学力×柔軟性×自信
海外展開の準備はもうできている

転部をしてビジネススキルを体系的に学ぶことで
語学力と経営スキル、そして圧倒的自信で未来を切り開く。

南山大学 経営学部 経営学科

野村 亮太

氏名
野村 亮太(のむら りょうた)

学校名
南山大学

学部/学科
経営学部 経営学科

学年
卒業生

卒業年
2017卒

志望業種・業界
IT系
コンサル
メーカー
海外事業

志望職種
クリエイティブ系
企画系
総合職

出身
岐阜県

希望勤務地
東京都、海外勤務

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

海外経験あり英語話せますドイツ語話せます

友人が教えてくれた世界の広さ

私が海外に興味を持ったきっかけは、高校時代の友人です。友人は、向上心があり話しの内容も刺激的でした。中でも、刺激的だったのが海外の話です。その友人に世界の広さを教えてもらい「自分も海外に行ってみたい!」と考えるようになりました。
その後、南山大学の外国語学部ドイツ語学科に入学し、毎日授業終了後図書館で22時までドイツ語の勉強をしていました。
 
 

現地企業で働けるレベルのドイツ語を習得

2年生の時に、半年間休学してドイツへ留学し、現地の語学学校で勉強しました。その学校では、語学レベルを10段階で評価するシステムを導入していたのです。
私は、入学当初、10段階中6番目で、日本人の中ではかなり上のレベルでした。しかし、他国から来た留学生に比べると、自分はまだまだだと感じさせられたのです。それがとても悔しかったですが「半年後にはレベル10になってやる!」と意気込んで勉強しました。

遊びに行くこともなく、ひたすら勉強に集中した甲斐あって卒業時には10段階評価でレベル10になることができたのです。
とても嬉しかったですし、証明証が貰えるのですが、それを持っていると現地企業で働くことができます。将来的にドイツで働けたらと思っているので、10という結果がとても嬉しかったです。
 

語学に加え、経営スキルを実践的に学んでいく

ドイツ語のレベルをあげるという目標を達成することはできました。しかし、同時に「自分は何も学んでいない」ということに気づきます。
語学学校では、毎週のように自己紹介をする時間がありました。その時に、他の生徒は、皆夢を持っており、それに向かって語学以外にも専門的な勉強をしているのです。
しかし、私には、ドイツ語以外に何もありませんでした。そのため、自己紹介の度に「日本で何を学んでいるのだ?」という問に答えることができなかったのです。しかし、その時に「言語は意思疎通を図るツールであってそれ以上でも以下でもない」ということに気づきました。それまでは、語学を学べば海外で働けるという漠然とした考えを持っていたのです。しかし、話せるだけでは、社会に価値を提供することは難しいということに気づきました。それは、とても悔しいことでしたが、とてもありがたいことだったのです。

帰国後、2年生が終わり3年生になる時に外国語学部から経営学部に転部をしました。そして、今は経営学部で実践的な経営スキルを学びながらインターンに取り組んでいます。また、現地の企業の方から「ドイツで働きたければドイツ語だけでなく、英語も話せなければいけない」と言われました。そのため、英会話スクールに通い英語力も伸ばしている最中です。
現在の目標は、3年生の時点でTOEIC760点だったものを卒業までに900点にすることです。
 

愛する人を最後まで幸せにするために

私は、将来的に家族や愛する人を幸せにして、最後まで隣にいてあげることが最高の幸せだと考えています。
もちろん、仕事も趣味も大切なことだと思います。しかし、最終的に突き詰めると全て人生を豊かにするための手段にすぎないと考えた時に、私にとっての「最高の幸せ」はそれだと確信しました。
そのために成長したいと考えたのです。
そして、語学を活かし企業で活躍できるようドイツ語や英語を身につけるだけでなく、経営スキルを学びながら、実践経験を積むために、ベンチャー企業を中心にインターンに参加しています。
大企業にも育成環境が整っていて成長できると思いますが、ベンチャー企業に比べ危機感を感じにくく、自分を追い込むことができないと感じてしまうのです。だからこそ、厳しくても自分を追い込み成長できる環境に身をおきたいと考えています。

[インタビュー日:2015年8月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る