本気の大人に影響されて自覚が芽生え
過疎化が進んでいる黒磯に対し向き合う

同年代の代表となって地元の活性化を行うために
自ら行動し、そのサイクルを継続させていく。

福島大学 人文社会学群 現代教養コース

大林 裕太

氏名
大林 裕太(おおばやし ゆうた)

学校名
福島大学

学部/学科
人文社会学群 現代教養コース

学年
3年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
サービス
海外事業

志望職種
クリエイティブ系
企画系

出身
栃木県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
水合戦

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験ありインターン経験あり

知名度が低い水合戦を自らの力で広める

私は、母子家庭で「親に金銭的負担をかけたくない」と思い、大学には進学せず就職しようと考えていました。しかし、高校の教師から「お前は大学に行った方がいい」と言われたのです。そして、調べていくうちに福島大学の夜間ならば入学金や授業料が半額になると知り、進学を決めました。
大学入学後、同じ夜間に通っている3年生の先輩に誘われ、水合戦という団体に入り、現在は実行委員長を努めています。

水合戦

水合戦とは、雪合戦の水風船バージョンで、福島県会津市発祥のものです。
試合のルールは地域によって若干異なりますが、4人1チームを組みます。各メンバーに持ち点があり、制限時間内に玉を当て合い、持ち点を減らしていくことで勝敗を決めるのが基本です。
昨年運営メンバーとして活動する中で大変だったことは、3つあります。1つ目は、協賛金集めです。各企業に協賛金をもらうために営業をかけても、水合戦に共感をしてもらえず、苦労しました。
2つ目は、参加者の集客です。水合戦は認知度が低いため、まずは学内生に知ってもらうことから始めなければいけません。どのように知ってもらうかという点に頭を悩ませました。
3つ目は、団体メンバーの仲が深まらなかったことです。今までメンバーでの交流が少なく交流イベントや合宿が行われていませんでした。それではダメだと思い、イベントを1回行ったのですが、メンバーの仲が思ったよりも深まらなかったのです。
原因として、チームで動いていくための目標がしっかりと定められていなかったことなどが挙げられます。そして、結果として全てが上手く行かず不完全燃焼に終わりました。
今年度は、私が実行委員長として、自分たちで立てた目標を達成し、昨年よりも、よりよい団体にしていきます。
現段階では、水合戦の団体も5期目に入っていますが、縦横の繋がりが薄いと感じるのです。そこで、合宿を通じて縦横の繋がりが強くなるようなイベントを企画しています。
 

真剣に議論する大人を見て自覚が芽生える

私が学外での活動に積極的に取り組むようになったきっかけは、高校3年生の時に黒磯駅前の地域活性化プロジェクトに参加したことです。
このプロジェクトは、過疎化が進んできている黒磯駅前をどう盛り上げていくかを若者で話し合い、そこで出た意見を基に実行するというものです。参加者には、友人の父母が多く、普段接している時とは違い黒磯のことを真剣に考えていたのです。
その姿を見て「かっこいい。自分も黒磯のために何か起こしたい」と思いました。
実際、話し合っていても大人の意見に圧倒されることが多かったです。しかし、私はその会議に参加している中で1番若かったこともあり、若者の勢いと豊かな感性を活かしつつアイディアを伝えました。
このプロジェクトを機に、実際に多くの案が実行されています。具体的な成果としては、黒磯に増えてきている空き家を住民が交流できる施設にし、勉強や談話などができるスペースを作りました。
また、駅前に図書館を建てることが決まり、これから数年のうちに完成する予定です。私が大学進学後は、後輩たちが熱心に取り組んでくれています。最近では実際にスプラトゥーンというゲームをリアルで実行しました。
私は、プロジェクトに参加する時に「自分と同じような年代の人がもっと黒磯について考えるためにはどうすればいいか」という意識を持っていたのです。なぜなら、私たちのような若者が、20歳も上の人たちと共に黒磯について考えるのは敷居の高いことだと思います。しかし、大人だけに任せてしまっては、枠にとらわれた意見やアイディアしか出てこず、数十年後を考えた時、誰も考える人がいなくなってしまうのも事実です。
そのため、私の起こした行動により、後輩たちが以前より黒磯のこれからに興味を持ってくれるなど良い方向に影響を与えてくれることが嬉しく思います。
 

地元黒磯に恩返しがしたい

将来は、自分の力がつき次第、黒磯に戻り起業して恩返しがしたいと思っています。
私は、大学入学直後「将来は、公務員となり安定的な生活を送りたい」と思っていたのです。しかし、ドットジェイピーの議員インターンに参加した経験で考えが変化しました。インターン中、数ヶ月間政策立案について考えたのです。その過程で「私は、政策立案よりも高校時代の黒磯での活動のように行動するほうが好きだ」と気づきます。また、議員さんに将来の人生年表について書くように言われたことがありました。その時、明確に書けなかったものの、真っ先に「黒磯で起業し、地域活性化に貢献したい」と自然に書くことができたのです。このように改めて言語化することで、自分が目指すべきものが何か改めて把握することができました。

[インタビュー日:2017年5月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る