強いカリスマ性がなくても、自分なりの
スタイルを生かしリーダーとして活躍

「個人的な信頼関係」と「効率良く意思を伝達できる組織」
を作り上げ、目標に向かい大勢の他者を動かすことができる。

西南学院大学 国際文化学部 国際文化学科

大矢 祐菜

氏名
大矢 祐菜(おおや ゆうな)

学校名
西南学院大学

学部/学科
国際文化学部 国際文化学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー

志望職種
事務系
営業系

出身
福岡県

希望勤務地
関東地方
関西地方
中国地方
四国地方
九州・沖縄地方

学生団体
ドッヂボールサークルDANPEI

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

自分なりの「リーダー像」でチームを率いる

高校時代、吹奏楽部で「パートリーダー」という役目にチャレンジしました。きっかけは周りの人たちから推薦していただいたことです。もともと私には強いカリスマ性はなく、リーダー経験もありませんでした。それでも「新しい経験をしたい」という思いもあり、リーダーを引き受けました。

私が目指したのは、強い力で引っ張るのではなく「みんなの信頼を得て、進むべき方向を示す」タイプのリーダーです。とはいえ12名のメンバーは実力も意識もバラバラで、全員の努力の方向性を揃えるのには大変な苦労でした。そこでまず一人ひとりの表情や言動を観察して、それぞれにとって一番効果的と思われる声かけや行動をするようにしました。例えば、ある人にはマンツーマンで一緒に練習したり、ある人には音階やハーモニーについて理論的に説明したり、といった具合です。

すると一人、また一人とまとまり始め、やがて全員が一致して同じ方向を目指せるようになりました。結果として九州大会で金賞をいただき、「私のやり方は間違っていなかった」という確信も得られました。

仲間と共に達成した成功体験や、いろいろな考え方をする人たちの懐に入るコツを学べたことは、将来に生かせる財産だと思います。

 

目標達成のコツを身に着ける

大学2年のときに、ドッヂボールサークルの副幹事としてさまざまなイベントを企画・運営しました。当時のサークルは約120人の大所帯で、しかもほとんどが1年生です。このため全体の統率をとったり、雰囲気を作ったりするには高校の時以上に大変でした。

私の目標は、サークルをメンバー全員にとって居心地の良い場所にすることでした。そのために必要と考えたのが「指示がすぐに通る」組織づくりと「互いをよく知り認め合う」雰囲気です。そしてこの価値観を1年生にも受け継いで欲しいと思いました。

そこでまず行ったのが、同期の幹部同士で意識を統一して仕事を分担することです。イベント会場や資材の調達、会計などさまざまな仕事に担当者を置いて、私は状況を見ながらその都度指示を出す役目を担いました。次に行ったのが、1年生の中にも数人のリーダーを作り、指示伝達のシステムを作ることです。こうすることで、大きな組織の中で指示が的確に流れるようにしました。

雰囲気作りについては、特に1年生に積極的な声かけを行い、個人的な信頼関係を築くことに努めました。また少人数のドライブとイベントを数多く企画して、互いに関係を深めるきっかけを作ったのも工夫のひとつです。

こうした努力の成果は、100人規模の大規模なバーベキューイベントでも発揮されました。「火がつかない」などのハプニングがある中、雰囲気が壊れることもなく、大勢のメンバーが楽しんでくれたのです。サークルに馴染めるか心配だった1年生たちも、学年・学部・性別を超えて自分の居場所を作ることができました。

このように組織づくりという目標を達成した経験も、この先社会で活躍する際に役立つと思っています。

 

経験と論理思考を身に付けたい

残りの学生生活では。これまでにしたことのない経験を、一つでも多く体験したいと思います。たとえば海外留学なども目標のひとつです。

また私には「論理的な思考力」が足りないと感じています。このため、今後はゼミの課題や卒業論文を作る中で「なぜ、どうして」という思考を磨いていきたいと思います。

そして大学を卒業した後は、これまで身に付けた全てのスキルを生かして「人を笑顔にする仕事」に就きたいと思っています。

 

[インタビュー日:2020年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る