サークル運営に尽力、個々に合わせた
対応力発揮、チーム一体感構築に成功

YOSAKOI練習においては、個々の懸念点に寄り添い改善、
自らのキャラで盛り上げ、雰囲気を改善、信頼関係を得る。

宮城教育大学 教育学部 初等教育教員養成課程

大川 茉美

氏名
大川 茉美(​おおかわ まみ)

学校名
宮城教育大学

学部/学科
教育学部 初等教育教員養成課程

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ

志望職種
事務系
営業系

出身
青森県

希望勤務地
東北、関東

学生団体
よさこいサークル

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり

バスケ部に所属、副キャプテンとしてチームに貢献

私は、小学4年生から高校3年生まで、バスケに取り組んできました。特に高校時代のバスケ部での役割は、副キャプテンかつ司令塔であるポインドガードです。その中で常に周りを見ながら行動するよう意識していました。また、部の顧問がバスケ経験者ではなかったこともあり、練習メニューなどもすべて自分たちで考えることが求められました。

一方、試合では、私は仲間を生かすことにとらわれていた部分があります。フリーで打ったシュートがことごとく外れ、試合に負けてしまったこともありました。ポイントガードには、シュートを決め切る決定力も求められると感じた私は、毎日、朝の練習に最も早く行き、時には仲間にビデオに撮ってもらいながら、練習に励みました。同時に心がけたことは、副キャプテンとして、キャプテンとチームメイト、マネージャーをつなぐことです。暗い雰囲気のときには率先して声を出したり、他の部員同士が意見を言いやすい環境をつくったりしました。

その結果、私個人としてもプレーの幅が広がり、状況に応じたプレーを選択できるようになりました。シュート率も、40%から70%に上がっています。また、仲間同士が理解し合えるチームづくりに貢献することができました。部員は6人と少ないながらも、目標としていた県ベスト8を達成できたことは、大きな喜びです。

 

YOSAKOIサークルにて運営を担当、メンバーの意欲を高める

大学入学後は、YOSAKOIサークルの活動に尽力しています。団体には、仙台市内の複数の大学・大学院に通うメンバーが所属しており、メンバーは、約170人です。「観客を魅了する演舞にしたい」と考えた私は、練習を運営する役職に就きました。活動の上での課題は、観客からの拍手がまばらであること、サークルには練習への参加義務がなく、参加率にばらつきがあったことです。

観客からの反応が芳しくない理由を考えた結果、振りに対する不安や声出しへの恥じらいがあり、自分たちが楽しめていないことが挙げられます。そこで、一人ひとりの懸念点を把握し、個別で振りを確認したり、わざと「もっと声出せるでしょ!」とあおったりしました。参加率改善に向けては、楽しい練習を目指しました。

私にしか提供できない楽しさとして、活用したのが、すでに定着しつつあった「どすこいキャラ」です。みんなの前で振りのコツを伝える際、足を踏む振りでは、四股を踏むかのように大きく見せるなどして、体を張りました。その結果、楽しさが伝染しチームに一体感が生まれたことや、参加率が40%から80%に上がったことは、この活動で得たやりがいのひとつです。また、大会では一番会場を盛り上げたチームに贈られる「会場賞」をいただくことができました。

活動を通して得た学びは、個々に合った対応をすることで、各々が楽しめるようになり、チーム力向上につながるということです。同時に、自分自身が前向きな態度を意識し、人の倍以上のモチベーションを見せることで、周囲のやる気と信頼関係を得ることができると感じました。

 

頼り頼られる大人となり、人の可能性を広げたい

私は、将来、人の可能性を広げる仕事を目指しています。理由として、教育大学に入りましたが、教員を目指す中で勉強分野以外での“教える”の可能性について、疑問を抱くようになりました。そして、教員ではなく一般企業への就職を意識するようになり、今に至ります。BtoBの仕事など、初めて知る業界や職種も多く、選択肢が広がる素晴らしさを実感しています。この経験を経て、人の可能性を広げたいと考えるようになりました。

理想の大人像につきましては、“頼り頼られ“ができる人です。私は責任感が強く、人に迷惑をかけたくないと考えていました。しかし、サークル活動やアルバイトを通して、頼られる嬉しさを感じると同時に、自分が頼ったときの相手の反応から、頼る重要性についても学ぶことができました。頼られることで自信が湧き、仕事に対するモチベーションが上がります。また、信頼関係を築くことにも気づきました。だからこそ入社後は、わからないところは素直に質問し、かつ仕事を覚えた上で、後輩からも頼られる先輩になりたいです。

さらに夢は、仕事とプライベート、どちらも充実させることです。現時点では、20代での結婚は考えていません。まずはキャリアを積み、プライベートも充実させながら、その原動力を仕事にも活かしたいです。仕事とプライベート、互いにいい影響を与えられるような生き方を目指しています。

 

[インタビュー日:2020年3月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る