剣道部にて主将就任、責任感と行動を
常に意識しチームを率い、目標を達成

部員と対話を重ね目的を確認、部としての方向性を示した上で
誰よりも練習に励むことで部員を巻き込み、1回戦突破を達成。

東京外国語大学 言語文化学部 ドイツ語学科

齊木 正矢

氏名
齊木 正矢 (さいき まさや)

学校名
東京外国語大学

学部/学科
言語文化学部 ドイツ語学科

学年
3年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
メーカー
広告・通信・マスコミ

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
東京都

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
体育会剣道部

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり英語話せます○○道やってます

3歳から始めた剣道を継続中、自主的な行動の重要性を認識

私は3歳から剣道を始め、今も継続中です。剣道は、技術・体力が求められる武道です。練習は厳しく、何度も挫折しそうになりました。しかし、正規の練習以外の自主練習やランニング、他の剣友会の練習への参加により、体力、技術力の向上につながりました。常に向上心を持ち、努力した結果が、大学の体育会剣道部での主将任命、剣道四段取得などの成果として表れていると感じます。

高校時代の剣道部では、仲間と協力して剣道部を率い、目標に掲げた2年連続都大会出場を達成しました。他の部と大きく違う点は、上級生が所属していないことです。高校1年の終わりから、2年間、私たちの学年が剣道部を率いました。少人数の部活運営に対し、重要と考えたのが、明確な目標設定と目標達成に向けたモチベーションです。実力向上に向けて、私や同期のツテを使い、警察道場や機動隊の道場の練習にも参加し、練習試合を行いました。最初は、練習内容の変化や他選手の実力に戸惑いましたが、得たアドバイスを参考に、練習内で実践することで克服を図りました。

活動を通して、自分から行動しなければ何も変わらないこと、自主的な行動と未知なる環境に飛び込むことで、自分やチームの力の向上、問題解決につながることを実感しています。

 

主将としてチームを率い、部の意識改革に成功

大学では、体育会剣道部に所属し、主将としてチームを率い、部内目標『国公立大会の1回戦突破』を達成しました。私が主将に就任した経緯には、同期が大きなケガをしたことが関係しています。彼の離脱により、私自身に主将として成長しなければいけないとの自覚が芽生えました。

当時の剣道部は、決して強いチームとは言えません。また、経験者だけでなく、大学から剣道を始めた初心者や留学生も所属しているため、大会に対するモチベーションが異なっているといった問題がありました。私は、各部員に対し、剣道に打ち込む理由をたずねました。その結果、多くの部員が基礎を重視し、段位取得を目標としていることが判明します。そこで私は、試合に勝利することで、段位取得に向けた自信が深まることを伝えます。さらに、練習メニューに基礎重視の内容を取り入れ、部員全員が納得できるような仕組みを整えました。

また、単に叱咤激励するだけでなく、練習中に誰よりも声を出したり、自主練習期間にも積極的に参加したりと、部員の2倍、3倍努力する姿勢を見せることで、全体のモチベーションを高めていきました。同時に、大事だと考えたのが、個々の責任感と主体的に行動する必要性の認識です。学年を問わず発言できる環境を目指し、部活後には練習の改善点を議論し合うミーティングの場を設けました。部員の意見は次の練習で活かし、活かせない場合も、理由を考える機会を設けました。この結果、部活への参加意識の高まり、団結力の向上などの変化が現れ、部内目標の達成に成功しています。

 

自ら行動、部員を巻き込み、チームを同じ方向に導く

私が剣道を継続できた理由は、段位という明確な目標があったためです。主将としては「お世話になっている剣道部に恩返しがしたい」との思いを持ち続けてきました。主将は、叱咤激励する立場です。正直、後輩からは鬱陶しいと思われることも少なくありません。しかし、主将がいなければチームとしての士気も下がり、良い結果には結びつかないと思います。私は、部員から選ばれた以上、チームをひとつの方向に導きたいと、責任感を持ってやり遂げてきました。ただ、当初、自分だけで方向性を考えていたときには、ひとりよがりになっていたと感じます。

しかし、幹部の同期や先輩、後輩に相談し、いろいろな意見を求めたことで、さまざまなアイデアが生まれ、良い解決策を導くことができました。また主将を経験し、人はそれぞれ異なる考えや価値観を持っているため、同じ目標に向けて団結し、努力することの大変さを実感しました。しかし、私自身が、個々のチームメイトに向き合い、彼らの抱える問題を解決したり、自ら行動で表したりと周囲を巻き込んだことで、チームの雰囲気が変わったことを嬉しく思います。団結力が高まり、私の号令に対して全力で応えてくれる部員たちの姿は、私自身の主将としてのモチベーションを高めてくれました。

 

仕事を通じて、自らを向上させたい

私は、これまで目標を設定した上で、努力し、成長し続けることを目指してきました。特に重視しているのは、他者の考え方を取り入れた上での実践です。仕事に関しても、多種多様な人々との関わりを通し、自分を向上させ続けたいです。

 

[インタビュー日:2020年9月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る