キャリア支援団体に所属し、大学生の
就活に対する意識の底上げに尽力する

アルバイト先での新人向けマニュアル作成や、就活学生に向けた
段階別支援など多方面の働き方に関わり、社会改革を目指す。

東北大学 経済学部 経営学科

齋藤 泰輝

氏名
齋藤 泰輝(さいとう たいき)

学校名
東北大学

学部/学科
経済学部 経営学科

学年
4年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
IT系
人材業界

志望職種
企画系
営業系
総合職

出身
宮城県

希望勤務地
関東

学生団体
キャリア支援団体 SHOT 東北支部

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験ありインターン経験あり

周囲に良い影響を与えられるよう、積極的にチャレンジを続ける

高校時代には、バレーボール部に所属していました。部長や私はモチベーション高く部活に取り組んでいましたが、同じモチベーションの人だけではありません。私自身、モチベーションの低い人に対して、うまくサポートできなかったこと、良い影響を与えられるまでに至らなかったという点に対して、強い後悔がありました。

そこで、大学入学後に参加したのが、ゼミナール協議会(ゼミ教)です。代表を務めるまでに至り、飲み会のイベント中心から、イベントの開催、学部生の参加率向上に取り組みましたが、自己評価では成功とは言えません。一人ひとりともっと向き合う場をつくりたいとの思いもありましたが、元々の制度のこともあり、自分の思いを成し遂げるには難しかったというのが本音です。

 

キャリア支援団体SHOTに所属し、学生に向け平等にチャンスを提供する

今、私が最も力を入れているのはキャリア支援団体SHOTの活動です。本社は東京ですが、今年から東北支部が立ち上がりました。参加を決めた大きな理由は、私自身人材活用の分野に興味があること、そして、学生時代から就職サポートに携わることが自分の糧になるという点です。

東北大の学生というよりも、仙台の大学生全体を盛り上げるべく、活動しています。実際、大学のレベルが下がると、自分が何をすれば楽しいと感じるのかといった点さえも見つめ直すことができていません。自分の自信のなさや、大学のブランド力の低さも理由のひとつでしょう。しかし、だからといって3月の解禁と同時にスタートしていては、結果的に「とりあえずお金を稼ぐために仕事をする」ということになりかねません。

私は、すべての学生には平等にチャンスがあるべきだと感じています。この思想の根源となっているのが、小学生の頃のいじめです。背が低いという先天的な理由だけでいじめられたことに、当時から不平等を感じていました。

もちろん、大学進学時に勉強が足りなかったという意見もあるでしょう。しかし、大学の選択は家庭環境なども含まれるため、一概に原因とすることはできません。また、人格がほぼ形成されているにせよ、20代前半であれば変えることは可能だと思います。だからこそ、当団体の4段階に分けたサポートを有効活用し、ジャンプ力を身につけてもらいたいです。すでに2回イベントを開催し、50名の参加者を集めることができました。

目指しているのは「就活で悩んだら、キャリアセンターよりもSHOTに行く」という人を増やすことです。実際に1年前に就活を終えた人しか言えない、リアルな内容がSHOTにはあります。実際、私は経済学部=金融との考えでインターンに参加したことがあります。しかし、現場をみて私がやりたいことは金融ではないと気付かされました。自分は何がしたいのかを考えるためにも、SHOTを活用して貰いたいです。

 

居酒屋のアルバイトにおいて、新人マニュアルを作り教育に貢献

大学1年から、個人経営の居酒屋でアルバイトをしています。しかし、新人がすぐに辞めてしまい、ベテランの方がイライラする状態が続きました。そこで、現状を変えるために、私が行ったのは、新人を食事に誘うことでした。そこで新人を食事に誘い、やる気が出ない理由やアルバイトが楽しくない理由について尋ねました。その結果、出てきたのは「仕事を覚えられないから楽しくない」という答えです。

個人経営ということもあり、お店にはマニュアルがありませんでした。そこで、私がマニュアルを作成したところ「使いやすいです」と言われるようになり、新人が退職しなくなりました。従業員のモチベーションも上がり、店の雰囲気が変わったことは、大きな喜びのひとつです。

この経験から、自分のモチベーションも上げつつ取り組めること、なおかつ人の人生に直接コミットできるような仕事という意味でも、人材というジャンルに魅力を感じています。

将来の夢は、全ての人が生き生きと働ける社会をつくること

将来の夢は、全員が生き生きと働けるような社会をつくることです。その中で、ファーストステップとして、社会にいる人たちを変えて行きたいとの思いがあります。働き方改革のように、楽しんで働くことができる環境をつくることができれば「仕事って楽しい」と感じる人も増えるのではないでしょうか。そして、コンサルなどの幅広い業界にも携わり、進路紹介等のジャンルにおいて、起業することもひとつの選択肢として捉えています。

 

[インタビュー日:2018年4月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る