バスケ部で人間性と結果の両立を追求
相手の立場を理解した上で人を動かす

バスケ部やアルバイトにて自分の役割や仕事に固執せず、組織
全体を見る力を養うことに成功、的確な行動が組織を改革。

東北大学 経済学部 経済学科

坂口 尚仁

氏名
坂口 尚仁(さかぐち なおと)

学校名
東北大学

学部/学科
経済学部 経済学科

学年
3年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
IT系
事務系
営業系
専門系
販売系

出身
長野県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
バスケットボールサークル

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり全国大会出場

小学2年からバスケを継続、チーム内のモチベーション向上と結果を追求

私は小学2年生からバスケットボールを始め、高校2年まで部活を継続しました。現在、大学でもバスケサークルに参加しています。

現在の私の考え方の基礎となったのが、バスケ部での経験です。中学2年にはバスケットで県選抜に選ばれ、私立高校との合同練習に参加しました。そこで私が感じた違和感は、先生のためにバスケをしている雰囲気と、勝利にこだわるあまり楽しそうに見えないといったものです。私立高校からも声かけはありましたが、チーム全体が楽しく、かつ結果が得られるチームづくりを目標に、地元の公立高校に進学しました。

チームにおいて私が心がけたことは、チーム全員のモチベーションを上げ、チームの雰囲気を良くすることでした。不得意なことは、モチベーションが上がりにくいものです。例えば背が高いためにゴール下での力強いプレイを要求されていたチームメイトは、実際には、外からシュートを打つことが得意でした。背が高い選手が外からシュートを打つことは、相手チームにとっては驚異です。そこで私は彼の得意分野を活かし、かつ試合を有利に運ぶことを目指しました。シュート練習の際にも外から打てるようにパスを出すなど、連携プレーを意識したことで、彼自身のモチベーションが上がっただけでなく、チーム内にも良い雰囲気が伝染しました。

活動において痛感したのは、人を動かす難しさです。個人プレー中心の選手に「もっとパスをした方がいい」とアドバイスをしたことがありましたが、彼の行動の理由は「試合に出たい」からでした。「尚仁は、それでも試合に出られるからいいよ」と言われた際には、自らの安易な発言を反省しました。

人によって響く言葉は異なること、一般論では人は動かないことを学びました。人を動かしたいときは、自分中心に考えるのではなく、本当の意味で相手の気持ちになって考えることが重要です。最終的に「試合に出たい」という彼の目標が実現できる方法、かつチームに貢献できる方法を模索し、伝え方を変えたことで、強みである泥臭いプレーでの活躍に結びつきました。そして、彼はBチームで個人プレーとはかけ離れた司令塔の役割を任せられるまでになりました。

 

アルバイトにて優先順位を的確に判断する力を得る

大学生活においては、高価格帯の居酒屋でのアルバイトに注力しています。経験を積み学んだことは、自分の仕事だけに固執せず全体に目を向けることと本来の目的達成に向けて流動的に動く重要性です。

最初は調理補助として働いていましたが、スタッフの配置の偏りに気づき、手伝えることはないかと尋ねたことで、ドリンクやホールに関しても仕事を学ぶことができました。現在では、全ての職種を担当できるようになり、今誰が一番困っているのか、どの部分を手伝うことで一番早くお客様に提供することができるのかなど、優先順位を判断し、動くことが可能になりました。

結果、調理場の社員の方からも「助かった」と言ってもらえたり、自分の仕事が忙しいときに他の方から手伝っていただけたりすることが増えています。自らの行動が、職場環境の改善につながっていることを嬉しく思います。

 

仕事を通じて、結果と人間性の両方を追求したい

将来に関しては、結果と人間性の両立を目指しています。お金になるから仕事をするのではなく、人のためになるから仕事をすると言える大人になりたいです。

この私の考えの原点は、高校時代にさかのぼります。高校でも、部員が納得できるチームづくりを目指し、同時に結果を出すために注力しました。しかし全国大会出場の夢は叶えることができず、今も悔しさがあります。仕事を通して、結果と人間性の両方を追うことで、チームの満足度を高めて結果を出すことを実現したいです。

現在目を向けている業界は、医療や介護、マーケティングといった分野ですが、業界については特に絞っていません。組織や事業といった軸で人を大切にしている会社であること、人に思いが向いているかどうかといった部分にこだわり、幅広い視点で探しています。

社会の現状として困っている人がゼロになることは、あり得ないと考えています。だからこそ、私は価値貢献をし続けられる自分でありたいですし、同じ考えを持つ人と働きたいです。同時に、自分が尽くした相手が、次に別の人に対して行動すれば、感謝の連鎖が起きます。これはとても素敵なことであり、自らの行動で最初の変化を生み出したいです。

 

[インタビュー日:2019年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る