インターン先のシステム改善を提案、
ミスの減少と労力削減に対し貢献する

未経験からのバンド活動や海外ワークホリデーなど、積極的に
行動、現実をポジティブに受け止め仲間とともに成長中。

名古屋大学 教育学部 人間発達科学科

坂井田 栞里

氏名
坂井田 栞里(​さかいだ しおり)

学校名
名古屋大学

学部/学科
教育学部 人間発達科学科

学年
4年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ
百貨店・専門店・流通・小売

志望職種
事務系
専門系
販売系

出身
岐阜県

希望勤務地
関東、中部、関西、海外

学生団体
shana club、
ちくさ日曜学校

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

逆境体験あり海外経験あり全国大会出場

主体的に行動した高校時代

高校時代、私が特に注力したことは吹奏楽部の活動です。生徒が主体的に動く部ということもあり、自ら練習内容を考え、責任感を持った行動に努めました。

さらにアンサンブルコンテストでは1年生3人のチームにもかかわらず、東海大会出場を成し遂げています。また2年次からはパートリーダーを任され、自分の技術向上だけでなく、後輩が部活に打ち込める環境づくりに注力しました。

もう1つは、未経験から始めた有志のバンド活動です。ドラムに興味があり、練習できる機会をつくりたいと友人を誘い、文化祭での演奏を目標にスタートしました。スタジオを借りての練習、録音、修正を繰り返し、文化祭で披露できるレベルにまで高めることができました。

 

インターンの企画や長期インターンに注力、システム改善に貢献

大学入学後、主に注力したことは「インターン」と「海外経験」です。当初に参加したのは、“インターン生がつくるインターン”でした。土木会社・オーガニックスーパー・薬局などのインターン経験を積む中で、企画側に回るお話をいただき、オーガニックスーパーや病院などのインターンを企画しました。

最初に取り組んだオーガニックスーパーは、企画の自由度が大変高く、ほぼ全てを一任された形です。自分なりにいろいろ質問を重ね、企画をつくりましたが、自由すぎて戸惑った部分もありました。ただ、大変だと感じることも、裏を返せば楽しいことです。社長や院長、幹部の方などと話す機会も多く、知見を広げることができました。特に食品、健康に関わる分野が多かったため、私の健康に対する意識も高まったと感じます。この経験により、将来の夢の方向性が固まり、今に至ります。

単発インターンや企画などを経験し、より自分の経験として形になるものに挑戦したいと話したところ、「ナジック・アイ・サポート」のバックオフィスに関わることができました。主な取り組みは、インターン中の学生の給与管理です。これまでの給与システムの課題は、ヒューマンエラーの多さにありました。給与システムを把握できていない学生が取り扱うには、操作が難しいこともあり、ミスが多発していました。そこで、誰でも入力できるようにわかりやすいシートを作成し、バックオフィスの人間が直接入力するようにしたところ、ミスも格段に減り、労力削減に成功しています。

 

積極的に発言できる環境の中、魅力的な仲間と共に成長

私のインターン先は、大変風通しのいい職場でした。提案したシステムの良し悪しは別として、意見を述べること自体は歓迎ムードであり、さまざまな発言を受け入れていただきました。思いつきからの導入であり、最初から改良がスムーズに進んだわけではありません。しかし、毎週少しずつ変更・修正を頑張ることで、納得のいくものができあがったと感じます。

一緒に働いていた仲間は、とても魅力的でたくさんの刺激を受け取りました。また、私が企画したインターンに参加してくれた人、企業の方から感謝の言葉をもらえたことを嬉しく思います。活動を通して作業の集中力や質の高さだけでなく、一緒に働く仲間との心地よい雰囲気づくりや、コミュニケーションのとりやすい環境整備の重要性について学ぶことができました。

また、海外経験を積むことにも積極的にチャレンジしました。2年の夏には3週間フィリピンに滞在しました。4年では1年休学し、カナダにワーキングホリデーに行く予定でしたが、コロナの影響により1ヵ月で帰国せざるをえませんでした。コロナが収束次第、再チャレンジしたいと思っています。

 

ライフスタイルに関わる仕事に就き、人々の健康に対する意識を変えたい

元々、周囲の人を助けたいとの思いがあり、インターンシップを通して、健康に対する意識がより一層高まりました。将来はライフスタイルに関わる仕事に就き、できるだけ多くの人の健康に対する意識を変えていきたいです。感謝されること、感謝すること共に好きなため、そういった場面に多く立ち合いたいです。

目指している将来像は、毎日充実していて、楽しそうで、そして周りの人が困ったときに助けることをいとわないぐらいには、心に余裕のあるような大人です。また、私は多趣味なため、「全ての楽器を自分で演奏して曲をつくりたい」「絵をたくさん描いて個展を開きたい」「海外にたくさんいきたい」などの夢の実現のほか、車好きな父親が、諸事情により愛車を手放したこともあり、父親に車を買ってあげることを目指しています。

 

[インタビュー日:2020年5月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る