やりたいことを取捨選択して
自分自身を枠に収めないで行動し続ける

大学編入後に積極的に行動し活動を行ったことで
さまざまな経験を自らの糧にする。

東北大学 経済学部 経営学科

作増 志郎

氏名
作増 志郎(さくます しろう)

学校名
東北大学

学部/学科
経済学部 経営学科

学年
卒業生

卒業年
2018卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
営業系

出身
熊本県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
エンカレッジ東北
TEDxTohoku
begin

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

サッカーに打ち込んだ中高時代

友人や親戚の影響で、小学校5年生からサッカーを始めました。当初は、遊び感覚でやっていたのです。しかし、中学入学前に「サッカーが上手くなりたい」と近所の神社でひたすら自主練習を重ねました。その結果、中学1年生の時からレギュラーとして試合に出場することができ、中学2年の後半からはキャプテンとして活動したのです。
そして、熊本県にある国府高校に特待生として推薦入学をしました。
高校は、私が入った年から、普通科アスリートコースが誕生し、1期生として入学しました。サッカー部は、部員が100名程いたのです。その中で、私は体力のなさや技術レベルの差に圧倒され、サッカーに対するモチベーションが低くなってしまいました。時には、調子がいいこともありAチームでプレーしていたこともあります。しかし、大事な大会前にAチームからCチームに落とされたこともありました。
高校3年になる時に監督が変わり、新監督と自分の考えが一致し、再びAチームに上がり最後まで取り組むことができたのです。
部活引退後に「自分はサッカーでなく勉強で生きていくしかない」と思い、受験勉強を始めました。書店で参考書を購入し、勉強方法を調べ、実践する日々を過ごしたのです。しかし、受験勉強を始めたのは高校3年の夏で、他の人よりも圧倒的に知識がなく、大学受験は失敗してしまいました。進路相談室で、大学編入ができる専門学校の存在を知り、卒業後はそちらに進学し、編入を目指したのです。
 

専門学校で同じ考えを持った友人と日々勉強する

専門学校進学後は、勉強漬けの日々を過ごしました。朝8時に学校に到着し、授業後も閉館間際まで友人と勉強したのです。この時、私は、今後の日本を支えるためには難関大学に行くことが大事だと考え、同じ考えを持った友人と共に勉強するようにしました。
実際、一緒にいたメンバーの中には、熊本大学を中退し専門学校に入り、京都大学に進学した人もいます。
私は、自分よりも頭のいい人たちに追いつくために努力できたことがとても実りある時間でした。私も東北大学に受かることができ、新たな経験を築くことができています。

大学に入ってから精力的に活動を行う

編入後は「学外で積極的に活動し、東北大ですごい人になりたい」と思いさまざまな活動に取り組んでいます。まず、経済学部主催の課題解決型プログラムに夏と冬の2回参加しました。特に、夏に行ったニューヨークが印象に残っています。ジャパンブックフェアというフェスでクロスリンゴテイストを60パック売り切らないといけないのに対し、開始3時間でたった6本しか売れませんでした。そこで「何か変えないといけない」と思い、リンゴ酢と何かを組み合わせた飲み物として2ドルで売り始めました。その結果、劇的に売れ始めるだけでなく、6ドルで売っていたリンゴテイストも全部売り切ることができました。そして、売上目標360ドルに対し514ドルの利益をあげることができたのです。それまで経済学や経営学など理論を学んできましたが、実践で活かすことで改めて自分の血肉となったのを今でも覚えています。
また、課題解決型プログラムの合間に企業のインターンシップに7社ほど参加し、企業側にも高評価をしていただけました。その一方で「自分で何か始めたい」と思い、大学で優秀な人を誘って、事業計画書をさまざまなベンチャー企業に見せに行ったのです。一般社団法人MAKOTOの創設者に融資を頂き複数人で起業しましたが、結果失敗に終わりました。しかし、この経験で、自分の強みと弱み、足りない所が改めて明確になったのです。
また、全国就活支援団体エンカレッジの東北支部を立ち上げました。そして、東北大生をはじめとした東北の学生にキャリア支援の一環として就活支援を行ったのです。メンバーのマネジメントに悩まされることが多々ありましたが、東北の就活生が早期から就活を始める土台を築くことができたと思っています。
 

歴史に名を残したい

私は、世の中に影響を与えたいと思っています。そのために、生きている間はもちろんですが、死んだ後も未来の子どもたちが私の考えを知って行動してもらいたいです。そのためには歴史の教科書に名前を残す必要があります。
葛藤する日々ですが、自分がやりたいと決めた道を進み続け、周りの環境や他人も巻き込んで熱狂するような世界を築き上げていきたいです。まだ明確には決まっていませんが「感情とスポーツを組み合わせたもの」を作っていきたいと思っています。

[インタビュー日:2017年6月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る