営業を経験し相手の温度力の高め方や
トーク力を鍛え他分野にアウトプット

訪問営業を通し相手のマイナスイメージをプラスに変えるべく、
ロールプレイングや見直しを実践、自信を持ち結果につなげる。

南山大学 経営学部 経営学科

佐野 優野

氏名
佐野 優野(さの ゆうや)

学校名
南山大学

学部/学科
経営学部 経営学科

学年
1年生

卒業年
2022卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体
PLC

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

10年以上ボーイスカウトを継続し、仲間との絆を深める

小学2年生から現在に至るまで、ボーイスカウトの活動を継続しています。主な内容は野外活動です。夏には最長10泊の野外キャンプをしたり、ゴミ拾いや募金活動などの地域貢献活動をしたりと、活発に動いてきました。様々な大人との出会いや学校外のつながりが増え、学校では体験できない多くの学びを得たと感じています。

加入のきっかけは、親からの勧めということもあり、冬のキャンプをはじめとした寒い時期などは、辞めたいと思ったこともありました。しかし、メンバーと一緒に活動する楽しさは、唯一無二のものです。現在に至るまで楽しさが途切れることはありません。だからこそ10年以上、継続できているのだと感じます。

 

先輩とのロールプレイングを通し、営業に必要な力を磨く

現在特に注力している分野は、営業活動です。以前の私は、一般的なアルバイトをしていました。しかし縁があり、社長さんと直接話をする機会をいただき、アルバイト以外の働き方、時間に縛られない働き方として営業の存在を知り、興味を持ったことを機に働くようになりました。元々、興味を感じたことに対する行動力は高く「まず、やってみよう」という精神を大切にしています。実際に始めたことで、営業という働き方が自分に合っていると感じ、より営業に本腰を入れる方向に進んでいます。

開始直後は、辛いと感じることもありました。特に私は訪問販売ということもあり、扉を開けた先にいる相手は私に対してマイナスのイメージを持っているところからスタートしなければいけません。マイナスをどれだけプラス評価に変えられるか、という点には大変苦労しました。当初は、扉を閉められることも多く、また緊張から顔が強張り、相手に不信感や疑念を抱かせてしまうこともありました。克服するために、私が取り組んだことのひとつが営業所の先輩とのロールプレイングです。問題点の指摘やアドバイスを参考に、自分で再度考え、トークの見直しを行いました。先輩の良い部分を真似て、参考にすることもあります。また、相手との距離を近づけるためには、温度感も重要です。相手の温度感を高めることや自分のモチベーションを意識し、話すように心がけました。

私にとっての営業の魅力は、営業で学びを得て自身がスキルアップできること、そしてさらに他の分野にアウトプットできる点です。営業を通して様々な人と接する機会が増えたことで、以前に比べて自信を持って話せるようになりました。営業で身につけたトーク力は、恋愛や面接など様々な分野で活かすことができます。以前に参加したインターンにおいても、営業で得た学びを活かした自己PRができたと感じています。また、努力に対して結果が目に見えやすく、インセンティブがある点もモチベーション向上につながっています。

 

人とのつながりを大切に、将来的には複数の職・海外も視野に入れ活動を続ける

営業の仕事を通して、多くの人に出会う中で「お金は大事である。ただ、人のつながりはお金以上に大事であり、つながりがなければお金も生み出せない」と強く感じるようになりました。今後の大学生活はもちろん、社会人になったあとも、人とのつながりを大切にし続けたいです。

その上で、将来的にはひとつの仕事だけに固執するのではなく、様々な仕事に携わる働き方を目指しています。日本国内のみならず、海外も視野に入れ、世界で仕事ができる人材になりたいです。

 

[インタビュー日:2019年1月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る