精神的な強さを求めて何ごとにも挑戦し、
高い理想を現実に

部活動にバイトに学生団体にボランティアから
留学まで幸せとは何なんなのかを追い求める。

関西大学 政策創造学部 政策学科

佐々木 清聡

氏名
佐々木 清聡(ささき きよさと)

学校名
関西大学

学部/学科
政策創造学部 政策学科

学年
2年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
クリエイティブ系
企画系

出身
大阪府

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

すべてのはじまりは野球チーム

私は、小学校の頃から高校卒業まで野球をしていました。
高校の野球部では、ただ勝つために努力するのではなく、人間力を高めていくことを目標に活動していたのです。部活動の一環として、ゴミ拾いなどのボランティア活動をしていました。顧問の先生が野球部として掲げていた“勝って驕らず、負けて腐らず”という言葉があります。
この言葉は、表に出さないように我慢するのではなく、勝ったからといって満足したり、負けたからといって悔しさに打ちひしがれたりしない。そして、次に進むために己を鍛えていけと教わったのです。そこで、私たちは、誰かがヒットを打ってもチームが勝ったとしても喜ぶことも、負けた悔しさも表に出しませんでした。こうした指導のもとで、精神力や人間性が成長し、自分中心に生きるのではなく、人を助けたい、誰かの力になりたいと思うようになったのです。
 

目標へはひたすら努力

関西大学へ行きたいと思うようになったのは、高校生の時に説明会で、フィリピンなどで国際協力活動をしている先生の話を聞いたことがきっかけです。
しかし、野球一色だった私の学力は到底受からないほど低く、模試の結果もよくありませんでした。そこで塾へ通い、朝から晩までひたすら毎日勉強したのです。その必死さは、塾の先生から「もっと朝早くから勉強できるように」と塾の鍵を預けてもらえるほどでした。そして、無事に合格することができたのです。
大学入学後は、海外へ留学するための資金を貯めるためにバイトを始めました。最初は、時給制のバイトをしていましたが、それでは限界が有るためフルコミッションの営業団体へ参加します。営業では、件数も多く獲得することができたため、4人の営業マンチームのリーダーにまで上り詰めました。営業は、自分の件数はもちろん、チームのメンバーの件数を管理しなければなりません。そのため、メンバーに会って直接話をしたり、指導をしたりとさまざまなことを考え5ヶ月間頑張りました。その結果、フィリピン留学のための資金約90万円を貯めることができました。

国際協力の地で学び、気づいたもの

そして、大学2年の5月にフィリピンへと旅立ったのです。現地では、ストリートチルドレンなど実際の空気に触れ、自分で調べたものよりも過酷な現状を目にしました。私はすぐにでも国際協力活動をしたいと思っていたのです。しかし、実際に現地で活動するには現地の人々やスタッフとの意思疎通のため英語が必須でした。私には、意思疎通がスムーズにできるほどの英語力がなかったのです。そこで、語学学校に通いつつフィリピンのNPO団体の活動に参加し、スポーツを子どもたちに教えていました。ある日、突然日本でお世話になっていた方から「フィリピンよりもインドで活動した方が君のためになる」と電話をもらいます。突然のことで驚きましたし、非常に迷いました。当時、フィリピンで活動していた場所は、セブ島という観光地で比較的に裕福な環境だったのです。そのため、もっと過酷なインドへの渡航を決めました。
インドでは、NPO団体のインターンとして、日本へ送る資料作成や調査、日本人の寄付協力者とのやり取り。学校で日本語を子どもたちに教えるなど自分にできるさまざまなことをしていました。活動している最中に語学力もつき、毎日三食のご飯が出て、寝る場所もしっかりと確保された非常に恵まれた環境にいたのです。しかし、日本人のいない孤独感などから日々疲労していき「今すぐに日本に帰りたい」と考えるようになってしまいました。その時がこれまでで最大の挫折だったと思います。その時に、なぜここにいるのか、なぜ今まで頑張ってきたのか。日本で普通に学校へ行きバイトをするという生活をしている方が幸せなのではないか。そういったことを何度も考え自分を追い込んでいました。その時にフッと「幸せとは何なのか」という疑問を持つようになったのです。
 

幸せとは何か、本質的な幸せの追求へ

インドの町や道端では、貧しくて倒れている人がたくさんいました。
そんな人たちに、私がお金を渡すことは非常に簡単なことです。その人は、お金を得られて一時的に助かり、幸せになれるでしょう。しかし、私は、同じ境遇の人全員にお金を渡すことはできません。仮に渡したとしても、その時に自分がこれから使うお金を考え、雀の涙のような金額を渡すことは、何の幸せにも繋がらないのです。それでは、何か幸せなのか。例えば、私が何か食べ物を一つ持っていたとして、それを誰かに分ける。そうすると、相手は嬉しいですし、お腹いっぱいになって、幸せになれるでしょう。私も誰かに何かをプレゼントしたことで幸せになれます。また、分けあって食べることで、その幸せは増幅することでしょう。私の行動1つで、幸せが2つも生まれ、大きな幸せになります。これこそが、私の思う「本当の幸せ」であると挫折から悩み考えた上で気づくことができました。
将来は、NPO法人を自分で立ち上げようと考えています。しかし、それにはさまざまな問題もあり、今の私では解決できるだけの能力がありません。そのため、大学卒業後すぐではなく、まずは自分の幸せを追求し、日々成長できるよう、さまざまな人が集まる場所で力をつけたいです。

[インタビュー日:2016年6月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る