大学1年生の頃から培った営業スキルで
好成績を叩き出し続ける

考えることをやめず常に向上心を持って行動し、
とある家族との出会いで実感した仕事のやりがい。

中京大学 経営学部 経営学科

柴原 優太

氏名
柴原 優太(しばはら ゆうた)

学校名
中京大学

学部/学科
経営学部 経営学科

学年
4年生

卒業年
2018卒

志望業種・業界
不動産

志望職種
営業系

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

学生時代に営業の経験を

私は、学生時代に営業のアルバイトを頑張ってきました。大学入学当初は、飲食店などでアルバイトをしてきたのです。しかし、お金のためだけに取り組むことにやりがいを見出だせず、何かやりがいのある仕事をしたいと思っていました。そんな1年生の冬頃に営業の仕事に興味を持ちます。普通のアルバイトよりもやりがいを求め、また社会に出る前に少しでも経験を積みたいという思いから、教材販売の営業アルバイトを始めました。
学生が、営業をアルバイトで学ぶというのはとても難しいことです。当初、私は学校の授業以外に資格を取得するための講座を受け、その自主勉強も行っていました。学校と資格の勉強、アルバイトの研修、事務作業という毎日が続き、1日の中で休む時間が全くなかったのです。このアルバイト先は、学生はほとんどすぐ辞めてしまい、同じ職場で働くのは社会人の方ばかりでした。
 

試行錯誤し獲得した成績1位

営業を始めた頃、私はとにかくがむしゃらに取り組んでいました。歩合制という分かりやすい実績の数字にこだわり過ぎて、後先考えずに売っていたのです。その頃は、初めてにしては上手く行き、自分に営業は向いていると感じていました。しかし、仕事になれて半年ほど経った頃、1ヶ月ほどまったく契約が取れない日々が続いたのです。周囲から「ビギナーズラックだった」と言われるのが悔しく、なんとかして奇跡ではないと証明したいと改めて決心しました。自分の営業を見直した時に、当時の私は数字を意識し過ぎてしまい相手のことを何も考えていなかったのです。相手の必要以上にたくさん売りつけすぎてしまい、結局最後には断られてしまう傾向がありました。私は、断られることも踏まえてたくさん売り、少しでも残ればいいと数打てば当たるという考えをもっていたのです。今、思い返しても、とても効率が悪かったです。
そこで、私はいろいろな先輩にアドバイスを聞き、たくさんのシチュエーションに応じて、その意見を組み合わせて自分の答えを探しました。また、ノートに反省をまとめ、常に改善を考え予習と復習をしたのです。以前にはできていなかった「相手のことを考えた上で勧める。その人が求めるものを伝える」というのを徹底的に意識しました。訪問前には、事前準備をしっかりし、話の段取りや説明の仕方を何度もシミュレーションをしています。伸びしろはあると思い、考えて成長すればどこまでも成長すると思っていました。
私は、学生という身分で、当然学校に通いながら営業していたので、契約件数は稼げませんでした。同じ職場で働く社会人と勝負をしようと思っても、土俵が違うのです。しかし、純粋に数ではなく効率の良さなら、1件あたりどれくらいの契約が取れているかということで同じ土俵で勝負ができるので、まずは営業効率成績1位を取りました。営業を始めて1年もしない頃のことです。また、その後営業実績合計も1位を獲得しました。
 

とある家庭との出会いから感じたやりがい

教材販売をしていく中で、とある家族から「柴原さんに出会えて本当によかった。今後とよろしくお願い致します」というお礼のメッセージを頂きました。営業1日目のアタックだけ、その後は事務の方がやりとりするため、営業の出会いは一期一会です。
その会社では「子どもたちがうまく勉強できるようにする」という目標を掲げていましたが、私が営業でその子と会うのは最初の1回です。3~4時間で、その子を勉強に取り組める子へと変えることはできません。しかし、その人にとっていいと思うものを親身になり気持ちを伝えたことで、親御さんの考えを変え、子どもが変わるきっかけになれたと思います。このきっかけを与えられたことをメッセージから実感でき、この仕事のやりがいを感じることができました。
 

誰からも求められ必要とされる人間に

現在は、異なる業種も経験したいという思いと教材販売で培ったスキルを試したいという思いから、読売新聞で営業のアルバイトをしています。努力の甲斐あり、現在は東海市場過去最高の成績と100人あまりのメンバーのリーダーを務めています。
社会に出てからは、成績を出し管理職になりたいと思っています。自分が営業を取れるように考えるのは簡単です。しかし、自分だけでなく、自分の周囲の人も業績をあげられるように考えるのは容易ではありません。私は、自分だけでなく、チーム全体を考えられるような人間になり、そして誰からも求められ、必要とされる人間になりたいです。

[インタビュー日:2017年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る