学生にしかできないことを考え実行に
移したことで貴重な経験を手にする

「学生だからできること」を胸に
企業の取締役などを経験し、リーダー性や本当の必死さを学ぶ。

関西大学 商学部 商学科

城川 勇汰

氏名
城川 勇汰(しろかわ ゆうた)

学校名
関西大学

学部/学科
商学部 商学科

学年
4年生

卒業年
2018卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
大阪府

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
学生企業ユニサーチ

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり海外経験ありインターン経験あり

大学は就職への準備期間

「大学生は人生の夏休みだ」とよく言いますが、私は「大学4年間は就職に向けた準備期間ではないだろうか」と考えていました。そう思うようになったのは、高校時代です。アメフト部に所属し、毎日練習に明け暮れていました。しかし、ヘルニアを患い同級生より早く引退したのです。その頃から「共に頑張ってきた仲間たちに胸を張れるような大学生活にしよう」と意気込んでいました。大学入学後すぐに国際ボランティア団体の活動に参加します。1年間活動していましたが、私の求める問題解決手段は、ボランティアという形とは違うのだということに気づきました。団体の活動として、資金運営がしたいという思いがあったのです。実際に、資金運営や仕組み作りにも参加しましたが、ボランティアの活動は、適切な処置が目的ではなく、私の求める方向性とは違うと気づき、団体を辞めました。
 

学生だからできること

現在は、学生企業ユニサーチという組織の取締役として活動中です。

学生企業ユニサーチ

現役学生18名で運営しており、営業や経理などさまざまな業務を各自が担当しており、その中で私は取締役という責任ある役職に就いています。
この会社の主な事業は、学生市場の調査事業です。企業が、商品開発や新規サービスを始めるにあたり学生を調査したい場合、それが困難だという場合があります。そういった企業の代行調査を行っており、多数の一部上場企業にもご依頼を頂きました。学生市場の中にいるという特性を最大限活用し、広いネットワークを用いてリクルーティングを行い、学生の本音を聞き出すことで、より正確なデータを取ることができます。
団体として、一貫して法人営業のみを行っており、企業によって提案する内容も変わるのです。そういったことが活動の中で最もおもしろい部分であると考えているため、メンバーにも同様に感じてもらえるように日々努力しています。実際の企業と取引することは、非常に緊張感があるだけでなく、とても貴重な経験です。これらは学生がゼミや授業では得られない経験であり、私はこの経験や成長が自分自身の武器であると思います。しかし、この会社に居続けるということは、考えていません。学生市場を調査する企業であり、学生であるがゆえに成り立っており、学生だからこそ学生の本音が聞き出せるのです。その運営を行うということも貴重な経験であると思います。そのため、多くの学生にこの経験をして欲しいので、活動には区切りをつける予定です。
 

インドでの過酷な経験を通して

私は、学生時代にしかできないことを目標に大学生活を過ごし、活動をしてきました。その中で、身体的にも辛い環境というものも経験しておくべきだという考えを持っていたのです。しかし、日本で身体的に辛いということは、決して死に直結するものではなく限度があります。もっとも「限界まで経験することも学生にしかできないことだ」と思い、インドへと旅立ちました。インドでは、広告の営業を行っていたのですが、5日目に腹痛と高熱にうなされてしまいます。活動していた場所が、日中気温が40度にもなり、タクシーなどを利用しなければ唇などが火傷してしまうほど日差しも強い所だったのです。そんな中、朝10時から19時までフリーペーパーを片手に走り回り、昼食を取り忘れてしまうということもよくありました。厳しい環境で、苦しいことや辛いことを経験して得たものは、人は意外と死なないということです。インドでの経験は、厳しい環境下でも、本当に「必死になる」ということを学ぶことができた貴重な時間でした。
 

世の中の非効率を解消したい

学生時代は学生という条件下で問題解決に従事してきましたが、社会に出てからは、より多くのリソースを用いて世の中の問題を解決したいと考えています。以前、業務支援アプリケーションを開発する企業にインターンに行きました。そこで、働く人が抱える問題をITという手段を通じて解決していくということを経験したのです。その中で、ITの届く速さを強く感じます。人間が移動するには、長時間かかりますが、ITならば一瞬です。そのため、IT系の企業にて世の中にある非効率を解消する仕事がしたいと考えています。人が人らしい活動をするために必要ない障害を取り払い、より効率的かつ生産的な社会にするために働きたいと思います。

[インタビュー日:2016年7月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る