指導者経験の少なさを努力でカバー
クラブチームの指導者として活躍中!

部活動の部長・副部長経験を経てクラブチームの指導者となり、
さまざまな勉強や下積みを重ね本格的な活動開始を目指す。

仙台大学 体育学部 運動栄養学科

須藤 雄大

氏名
須藤 雄大(すどう ゆうだい)

学校名
仙台大学

学部/学科
体育学部 運動栄養学科

学年
3年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)

志望職種
営業系
販売系

出身
宮城県

希望勤務地
東北

学生団体

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり全国大会出場

指導者としての経験不足を努力で補う

私はサッカーの中学生クラブチームで指導者をしています。実は私自身、中学生時代にそのチームに所属し、選手としてプレーをしていました。ただ選手としては馴染みのあるチームでも「指導者」としては新米です。未経験のハンデを補うには私自身の努力が欠かせません。

そこで気合を入れて取り組んだのが「学習」です。経験がないことを言い訳にしたくなかったので、他の指導者を見て学ぶことはもちろん、動画や本からも知識を取り入れ、少しでも早く周りの人たちに追いつけるよう努めました。もちろん学習以外にも、練習や試合の準備といった「下積み」を通して選手一人ひとりの個性を把握するようにし、「チームをまとめる力」を養っています。

高校時代にも、これと似たような経験がありました。当時所属していたフットサル部で、2年生のときに副部長、3年生のときには部長としてチームを引っ張っていたのです。その部は創設から日が浅く部員の数も少なかったため、当初は練習場所も満足に与えられていませんでした。厳しい練習環境の中で努力を重ねた結果、全国大会への出場や、練習用のフットサルコートを作ってもらうといった「成果」を挙げることができました。

こうした経験を通し「人として成長」できたことが、今の環境に役立っていると感じています。まだまだ指導者としては不慣れですが、試合に勝つ喜びや選手(子どもたち)の笑顔を糧に、これからも頑張っていくつもりです。

 

バイトリーダーとしてコミュニケーション力を生かす

「指導者」をしているのはサッカーだけではありません。アルバイト先でもバイトリーダーとして、他のアルバイトの人たちをまとめています。年齢差があるため最初は会話の内容や応対に悩むこともありましたが、こちらも高校時代の部活動で培ったコミュニケーション力を生かし、相手の立場に合わせながら適切な対応ができるようになりました。

翌日早朝にサッカーの試合があるときなどは体力の負担も大きく大変ですが、仲間の笑顔やお客さまの「ありがとう」「ごちそうさま」といった声に触れることが自分への励みになっています。こうした経験は、学生としての普段の生活の中ではなかなか学べません。また責任ある立場だからこそ、ミスをしても逃げるわけにいかず、状況に適切に対応する能力を身に付けることができました。本当に貴重な機会をいただけていると思います。

 

「人から感謝される人間」に

自分の将来について、具体的な就職先や職業などはまだ決まっていません。もちろん「自分に合った仕事」を見つけることは大事ですが、それと同時、あるいはそれ以上に「人から感謝される人間」になりたいと思います。

そのためにも、今後は高校時代や現在の経験を通して養ってきた「コミュニケーション能力」にさらに磨きをかけていきます。そしていずれは、どのような人とも会話のキャッチボールができ、相手に貢献できる仕事に就くつもりです。

 

[インタビュー日:2019年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る