団体の魅力PRに加え、相手の意見を
積極的に取り入れ、良好な関係を構築

リーダー就任以前からコミュニケーションを重視、次回へと
つながる関係性構築を目指し、積極的に練習場所に足を運ぶ。

宮城大学 事業構想学群 事業プランニング学類

高田 結菜

氏名
高田 結菜(たかだ ゆうな)

学校名
宮城大学

学部/学科
事業構想学群 事業プランニング学類

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
事務系
営業系
販売系

出身
宮城県

希望勤務地
東北、海外

学生団体
CAMPUS COLLECTION SENDAI

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり

体育祭、文化祭の企画・運営に尽力した高校時代

私が通っていた高校には、委員会や生徒会といったものが一切なく、生徒が全てボランティアで立ち上げ、イベントを開催していました。私は高校1、2年のときに参加し、イベントの企画・運営に関わりました。スタッフや出演者の募集も全て生徒が担当します。金銭の管理以外は全て生徒が受け持つといっても過言ではありません。

高校入学以前からボランティアに憧れていたこと、自分たちの手でイベントを作り上げることへの興味から、参加を決めました。体育祭ではバスケのリーダーとして、文化祭では7部門ある中の1部門のリーダーを任せてもらい、運営を担いました。どちらも立候補です。

リーダーとして苦労したことは、チームのまとめ方、仕事の振り方です。最初は私だけが積極的に動くことが多かったものの、それではいけないと、全員でイベントを作り上げることを意識しました。楽しく参加できる雰囲気を目指し、フォローに努めたことがよかったと感じます。最終的にメンバーからも感謝され、私自身も充実感を感じています。完璧にメンバー全員を動かせた実感はありませんが、やりがいとチームを率いる大変さを改めて感じました。

 

「CAMPUS COLLECTION SENDAI」にて出演交渉、マネージャーを担当

現在、注力していることは、学生団体「CAMPUS COLLECTION SENDAI」が開催するイベントの企画・運営です。高校3年3月から参加し、現在も継続中です。ファッションショーと並行して開催される、ダンスやアカペラなどのパフォーマンスステージを担当する部署に所属し、リーダーを務めています。

主な活動内容は、大学のサークルや仙台で活動しているシンガーなどへの出演依頼、出演が決定したパフォーマーのマネージャーです。現在はイベントを作っている段階のため、パフォーマーの方々と内容について話し合いを重ねています。パフォーマーの方々にもイベントを楽しんでもらいたいとの気持ちも強いため、コミュニケーションは特に大切だと感じます。

出演交渉に関しても、イベントにいかに興味を持ってもらうか、出演したいと思ってもらうかといった部分は難しい課題でした。また、出演が決定した後も、距離感やコミュニケーションの方法などがわからず苦戦しました。

問題解決に向けて心がけたことは、自分たちの意見を伝えるだけでなく、相手の興味のある分野に興味を持ち、話を聞くことです。その結果、相手に対して良い印象を与えることができ、コミュニケーションが取りやすくなりました。また、自分たちの活動に関しても、改めて分析しアピールポイントを探したり、別の言い方を考えたりしました。相手に合わせた表現、PR方法を探したことで、より興味を感じてもらいやすくなったと思います。

 

コミュニケーションを重視し関係性を築く

イベント自体は、すでに4、5回関わりを持っています。リーダーになる前から心がけていたことは、パフォーマーの方とコミュニケーションを取ることでした。1回だけではなく次回も参加してもらえるように、また気持ちよく参加してもらえるように、なるべく自分から練習を見に行ったり、別のイベント出演の際も現地に足を運んだりと、関係性を大切にしてきました。イベント終了後「担当マネージャーでよかったです」「楽しくイベントに参加できました」などの言葉をいただけたことは、自分の頑張りの結果だと感じます。

活動を通して、いろいろな人たちと出会うことができました。自分の意見が必ずしも正しいわけではありません。さまざまな意見がある中でのコミュニケーションの取り方について、実体験を通して学ぶことができました。また、ひとつひとつの事柄には意味があり、考えて行動する大切さについても実感しています。例えば、パフォーマーの募集は時間も体力も必要ですが、参加者とコミュニケーションを深めることで、新しい関係が生まれ、イベントの成功にもつながります。また、自分が関わっていることに誇りを持ち相手に接することで、その思いは必ず伝わることを学びました。

 

自分が好きなことを仕事にしたい

将来の夢は、好きなことを仕事にすることです。40年以上自分の好きなことを仕事として継続している父の姿を見て、自分もそうなりたいと思うようになりました。興味のある分野は、イベントの企画運営、マネージャーのような人をサポートする業務です。ただ、まだ具体的な職業については決めていません。大学在学中に、自分が好きなことを見つけて方向性を定めていきたいです。

 

[インタビュー日:2020年3月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る