学生団体GEILの広報として団体の
魅力を積極的に分析し、PRに活かす

話を聞く姿勢を重要視し、団体の価値と魅力を分析した上で
発信に繋げる行動を経て、多様な価値観に触れ自らを高める。

早稲田大学 創造理工学部 環境資源工学科

照屋 海人

氏名
照屋 海人(てるや かいと)

学校名
早稲田大学

学部/学科
創造理工学部 環境資源工学科

学年
2年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
IT系
コンサル
メーカー
商社
官公庁・公社・団体

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
千葉県

希望勤務地
どこでもOK

学生団体
GEIL

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

学生団体「GEIL」に所属し、広報を担当

私は、中学・高校の6年間、陸上部に所属していました。大学入学後は、陸上部時代の友達の紹介で、学生団体「GEIL」を知りました。一浪して大学に入ったこともあり「楽しいだけで終わってしまう学生生活はつまらない」「実のあることをやりたい」との思いが強かったことがGEILを選んだ理由の一つです。他にも、新歓での先輩たちの様子や、社会問題を扱った政策立案コンテストを開催していることからも興味を持ち、加入を決めました。現在は広報の仕事を担当しています。

広報の主な仕事は、団体が開催するコンテストの認知度を高め、参加者を集めることです。オンラインであれば、SNSへの投稿、オフラインではコンテストの魅力を発信するプレゼンテーションを主に行っています。GEILの活動期間は1年半程度しかないため、プレゼンは入学したばかりの1年に任せることも多いです。そのため、自分が効果的なプレゼンをするという難しさのほかに、それを後輩たちに教える難しさも感じています。

 

活動の新しい価値を提供するため、相手に合わせたPRを心がける

多くの人に魅力を伝えると言っても、ただ闇雲にPRすれば良いというわけではありません。伝える相手によって、宣伝方法を変化させます。例えば、官僚志望の学生に対しては「政策を扱うこと」「コンテストには実際に官僚の方々が来ること」などを伝えます。一方、直接的に政策に興味があるわけではない学生に対しては、「夏に1週間かけて社会問題を議論する場」という特異性を伝えます。コンテストを通じて得られる自分自身の成長や志を高く持つ仲間との出会いなど、細かな部分は相手に合わせて更に変えることも大切です。

私の団体がコンテストを開催する夏の季節は、アルバイトや旅行なども含め、学生にとって魅力的な行事が多い時期です。また、「政策立案コンテスト」と一言で言っても伝わらないことが多いです。そのため、完結にポイントを伝えなければ敬遠されてしまいます。GEILの広報の活動では、一般的ではない活動の新しい価値をいかに提供するかを重要視し、PRを続けてきました。

 

周囲から話を聞き、団体の魅力分析に役立てる

魅力の分析に関しては、先輩やメンバー、コンテストの過去の参加者、社会人の方など、様々な人たちと話をすることが第一歩です。社会人の方はGEILをどう見ているのか、過去の参加者はどこに魅力を感じ、逆にどのような不満点を感じたのかといった点を細かく聞き取ります。

その結果「一週間議論する経験は、他ではできない」「官僚志望以外の人にも、メリットがある」「経験が就活に役立った」など、自分たちだけでは気付くことができなかった様々な価値に出会うことができました。

価値の分析が終われば、次の問題は伝え方です。コミュニケーションは相互理解ですが、プレゼンテーションやSNSは一方的に発信するため、相手への伝わり方が予測できない部分も少なくありません。推測からのトライアル・アンド・エラーを続けています。

GEILの活動を通して、メンバー、参加者を含め、世界には様々な価値観を持つ人がいるということを学びました。例えば、GEILメンバーには官僚志望が多く、またOBOGにも現役の官僚の方がいるため、そのような進路が僕の選択肢の一つになりました。コンテストでは、参加者の学生は出身地域も様々なので、バックグラウンドが異なる人と話すだけで良い刺激になりました。また、GEILの活動で渉外も経験し社会人の方々とお話してみて、社会貢献の方法やお金の稼ぎ方なども含め、新たな発見がたくさんありました。

 

環境問題に取り組み、人に役に立つ仕事を目指す

私自身、環境資源工学科を選んだ理由は、人類全体のために環境問題に取り組みたいとの思いからです。まだ具体的な計画はありませんが、リサイクル技術の発展や環境問題の解決を通じて、人の役に立つ仕事がしたいです。また、中央省庁に入り、少しずつ日本を変えていきたいとの思いもあります。

昔は「環境の調和や保護はお金にならない」と言われていましたが、昨今では、環境という切り口にも稼げる流れがあると聞きます。まだ私自身が肌で感じたわけではありませんが、この流れを活かし、仕事を通じた社会貢献がしたいです。

 

[インタビュー日:2018年7月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る