サッカーサークルの組織改革を行い、
副代表としてチームを全国大会へ導く

さまざまなリーダー経験を活かし、
周囲に影響を与え数々の組織改革を行う

関西大学 人間健康学部 人間健康学科

徳久 大輔

氏名
徳久 大輔(とくひさ だいすけ)

学校名
関西大学

学部/学科
人間健康学部 人間健康学科

学年
卒業生

卒業年
2016卒

志望業種・業界

志望職種
営業系

出身
奈良県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
Style Garden

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験あり全国大会出場

学園祭実行委員の組織改革

大学入学前に、何か本気になれることを見つけたい。そんな強い思いで1回生の時期から、サッカーサークルや学園祭実行委員に所属しました。
学園祭実行委員では、多くのメンバーがバイト・サークルなどの他の活動を理由にミーティングに参加しておらず、組織の基盤が全く出来ていませんでした。そんな状況を打破しようと、代表としてメンバー一人ひとりに学園祭実行委員に対する思いを話し合い、各々の意識改革を行いました。その甲斐もあり、その後ミーティングの出席率が向上し、メンバーも学園祭に関する企画の発案を積極的に行うようになったのです。私が常に心掛けていることは、メンバーを大切に思いやれるリーダーであることです。
 

全国大会に出場

私は学園祭実行委員以外にサッカーサークルに所属していました。100人規模のメンバーが所属するサークルということもあり、誰もが一生懸命に練習に励んでいるのではなく、メンバーの中には練習・試合に来ないという人達も沢山いました。そんな中で副代表として代表のサポートを行いながら、メンバー1人1人と向き合い、モチベーション向上に繋げ、多くのメンバーが練習に積極的に参加するようになったのです。また、私は口だけで何もしないリーダーではなく、誰よりも行動して周囲に影響を与えるリーダーを理想像として、サッカーの試合では誰よりも動き、チームを牽引してきました。
そして、3回生の時期には見事チームは全国大会に出場し、最初は練習に参加していなかったメンバーとも喜びを分かち合うことができたのです。
最初は練習に参加していなかったメンバーも、私がメンバー一人ひとりと向き合うようになってから一生懸命練習に励むようになっていました。そこから学んだことは他人を変えるには、まず自分から変わることです。変化を強制しても、他人を変えることは決してできません。
相手に対する接し方を変えることで、他人は自ずと変わっていくことを実感しました。

憧れの製薬会社へのインターン

私は昔からさまざまなリーダー経験を積んでいたため、人一倍責任感・使命感が強く、それを活かせる仕事に就きたいという漠然とした思いがありました。そんな時、親戚に製薬会社に勤めている人と話す機会がありました。製薬会社は命に関与する薬というものを取り扱い、責任感が伴ってくると聞いた私は、製薬会社で働くことに憧れを抱き始めました。そして、3回生の時に製薬会社の長期インターンシップへ行きます。ここで将来のキャリアビジョンを思い描き、製薬会社に働きたいという漠然とした憧れは、絶対にここで働きたいという決意に変わりました。その後知り合いの紹介でスタイルガーデンの営業部に所属します。

Style Garden

営業を始めた当初、私は論理的思考が苦手で、商談の相手と仲良くなり契約に持っていくというスタイルを取っていました。しかし上司に営業で契約件数を伸ばすには論理的に商談相手と交渉することが必要な時もあると言われます。これをきっかけにその後営業で商談相手に対し、論理的な話し方をするよう心掛けると次第に契約件数が伸びていきました。今後も営業を通してビジネススキルを向上させ、社会に出た時に活躍できる営業マンになれるよう精一杯頑張っていきたいと思っています。
 

製薬会社へ勤め将来は海外へ

私はサッカーサークルの副代表、学園祭実行委員の代表を務めてきたことから、責任感が人一倍強いと思います。その人一倍強い責任感を社会に還元するために、命に関与する薬も扱う製薬会社に勤め、将来はグローバルな人材になるためにも世界を相手に営業を展開していきたいと考えております。
そのため、まずは段階を踏み日本で活躍できる営業マンになります。

[インタビュー日:2015年4月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る