独学で野球理論を学び実践、周囲にも
知識を伝え、共に高め合う関係を構築

3週間アメリカの野球施設に滞在、トレーニング理論などを学び
帰国後は部の歴史初の役職に就任、より一層組織に貢献する。

関西学院大学 総合政策学部 総合政策学科

鳥居 大暉

氏名
鳥居 大暉(とりい たいき)

学校名
関西学院大学

学部/学科
総合政策学部 総合政策学科

学年
3年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
サービス・インフラ
メーカー
商社(専門・総合)
広告・通信・マスコミ
銀行・証券・保険・金融

志望職種
営業系

出身
愛知県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
関西学院大学体育会硬式野球部

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり海外経験あり

高校時代から野球に没頭、独学でトレーニング理論などを学び実践

私が通っていた高校は公立高校ではありましたが、チーム全員で甲子園出場を目指し、日々鍛錬を積んでいました。私もプロを目指し、本気で野球に打ち込んでいました。優勝候補の高校に敗北したことで、甲子園出場の夢を叶えることはできなかったものの、本気で野球に向き合った2年間は、達成感に満ち溢れていたと感じます。

大学進学後も野球を継続し、現在は、関西学院大学体育会硬式野球部に所属しています。チームは250人の大所帯です。さまざまな価値観や経歴をもった選手と苦楽を共にし、神宮大会出場と日本一の体育会組織を目標に掲げ、日々活動しています。

私のポジションは投手です。個人としての目標は、150キロを投げ、チームの勝ちに貢献することです。目標達成のため、大学1年時には、鳥取県に合宿に行き、次世代トレーニング理論「初動負荷トレーニング」を学び、実践しました。ほかにも、栄養学やトレーニング理論、投球メカニクスなどを独学で勉強しました。

しかし、初期の私は、今振り返ると、個人としての勝ちを意識するあまり、チームメイトとのコミュニケーションやチームとしての勝ちがおろそかになっていたと感じます。相手選手に打たれチームメイトに責められた私は、悔しさのあまり練習に励みましたが、結果は思うようについてきませんでした。

 

giveの精神の重要性に気づき、チームメイトと切磋琢磨する関係を築く

転機となったのは、相談した先輩からの「まず、他人を認めるところから始めろ」との言葉です。その後、自らチームメイトに声をかけることを心がけ、話す機会を増やしたことで、徐々に良い関係性を築くことができました。

私は学ぶことが大好きでしたが、学びをチームメイトに伝えることに抵抗を感じていました。しかし、知識も技術も独占していては、結果にも恵まれず、チームからも孤立してしまいます。学んだ知識を周囲に伝え、ともに切磋琢磨する方が楽しいと感じたことを機に、周囲にも自分の知識を惜しみなく伝えるようにしました。

その結果、先発投手としての出場機会を得ただけでなく、パフォーマンスも上がり良い結果につながっています。人に知識という価値を提供する、社会的利益のある行動、いわゆるgiveの精神を持つことの重要性を実感しました。

 

アメリカの野球施設に3週間滞在、トレーニング理論やプログラムを学ぶ

大学3年になり、役職に就いた私は、より一層自らの目標達成だけでなく、チーム全体への貢献を意識するようになりました。具体的に私が行ったことは、私が今まで得たトレーニング理論、栄養学、筋肉などの知識を部員250人と関西学院大学体育会員に伝えることです。

また、7月後半に右肘を故障した際には、日本でリハビリに励んだとしても利益は少ないと考え、アメリカに行く決心をしました。アメリカ行きを決めた理由は、トレーニングや投球プログラムなどが日本より10年進んでいたためです。ロサンゼルスにあるメジャーリーガー御用達の野球施設「Beimel Elite Athletics」に連絡し、3週間滞在しました。

トレーニング理論や投球プログラムに加え、アメリカの文化や理想の上下関係を学ぶことができたのは、大きな経験です。メジャーリーガーとも交流を深め、アマチュアである私の経験を参考にしてくれたときには、彼らの器の大きさを感じました。

帰国後は、アメリカでの学びを発信し、チームに還元しました。活動が監督の目にとまり、関西学院大学体育会硬式野球部の歴史史上初の役職「選手兼任チームマネジメント担当マネージャー」を与えていただいたことで、より活動しやすくなったと感じます。現在は、組織マネジメントやトレーニング、コンプライアンスなどを学ぶ機会を企画したり、知識を共有したりする組織貢献活動と、私個人の目標である150キロを投げ、チームの勝利の貢献を目指す、その2つを軸に活動しています。

 

社会問題の解決、人々が幸せになれる価値の創出と提供を目指す

私はベースボールアカデミーを立ち上げたいと考えていましたが、すでに活動している人と出会い、一緒に取り組むことにしました。プログラムや練習内容、提携整骨院などの話はすでにまとまっています。2020年2月には、愛知県内に建物が完成します。

将来に関しては、社会問題を解決し、世の中の多くの人が幸せになれる価値を創出し、提供したいです。革新的なビジネスモデルの創出や海外勤務、ゼロからイチを創り出すことを考えると、今の志望業種は商社です。ただ、会社の理念や理念の浸透度合いについてもしっかり確認すると同時に、視野を広げ、さまざまな会社と出会いたいです。また、尊敬する父のように、いずれ家庭をもった際には、妻と子どもの人生を幸せにしたいと考えています。

 

[インタビュー日:2020年1月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る