経営コンサルタントという12歳の時から
夢に向かって、自分の時間を投資する

「面白きこともなき世を面白く」一環境は自分で変え
結果の世界で常に自分と向き合い、今以上を常に目指す。

大阪大学 経済学部 経営学科

辻 真樹

氏名
辻 真樹 (つじ まさき)

学校名
大阪大学

学部/学科
経済学部 経営学科

学年
卒業生

卒業年
2017卒

志望業種・業界
サービス・インフラ

志望職種

出身
大阪府

希望勤務地
関西

学生団体
LUXY STYLE

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験あり

岐阜一番の高校で生徒会長

私は、自ら率先して物事に取り組むタイプです。活躍できる場を求め、いろいろな役割を自分から引き受けることも多くあり、小学校、中学校、高校と生徒会長を務めました。
高校時代、140年続く伝統校に通っていた私は、「伝統の行事が毎年行われているだけで面白くないな」という生徒たちの中にあった思いを、何とかしたいと考えました。ここで私が提案したのは、「自分たちの時代からも、何か新しい伝統を作る」ことでした。これはかなりの共感を得、周りの生徒達にたくさん推薦を頂き、生徒会長を務めることになりました。
私はまず、新しい行事とは何かを考えます。最初に目をつけたのが文化祭です。母校の文化祭は、他校と比べるとやけに静かでした。そこで私は「各クラスの色をもっと出せるようにしよう」と考え、立て看板を作ることにしたのです。看板を作ったことで、クラスごとのチームワークは結束し、文化祭が盛り上がって大成功を収めました。次に、文化祭後にも目を向けます。高校がある程度の進学校だったので、3年生は9月の文化祭を境に受験に向かいます。そのため、文化祭後は雰囲気がどんよりしてしまうのです。それをどうにかするために、3日間ある文化祭で撮られた写真を集め、フォトコンテストを開催することにしました。校内の一番目につく場所に、集められた写真を掲示したことで、文化祭後もその余韻を楽しむことができました。
ありがたいことに立て看板とフォトグランプリは現在も続いています。自分の考えたもので人に喜んでいただき、次の世代が継続してくれるのはとても嬉しいことだと実感しました。
今まであるものに新しいものを組み込む。それが成功したことが自信になり、自分には人を動かす力と企画力があるのではないかと考えられるようになりました。

 

高校時代の経験を自分の夢へ

私は、私のしたいことを尊重してくれる両親をとても尊敬しています。私の父親は経営者で母親は教師をしていました。小学生の夏休みに『将来の夢を見つけよう』という課題があり、そこで経営コンサルタントという職種があるのを知ります。両親の仕事を組み合わせた仕事に近いのではないかと思い、その頃から経営コンサルタントが私の夢になりました。いろいろと調べるうちに、この職業には営業力や企画力、論理的思考力が必要だと、自分なりに結論付けます。そして、私はそれらの能力を大学で身につける、と心に誓いました。
しかし、実際に大学に入ってみると、将来のことを考えている同級生はほとんどいませんでした。そして、多くの学生は「他の人がしている」という理由で、アルバイトやサークル活動をただ淡々と行っていたのです。
このままでは後悔が残ると思い、4月に学生団体を結成します。自分たちが考えたものを、1回生だけで表現していく団体で、SNSなどで募集をかけ、40名ほど集まりました。メンバーの発想を否定することなく、Doベースで活動することを基本方針としました。しかし、3ヶ月くらいでなにも企画が出てこなくなります。企画を出す為のシステム作り、みんなが楽しいと思う環境や雰囲気を作れなかったのが大きな原因でした。このままでは入ってくれた学生の大学生活の足を引っ張ってしまうと思い、8月にその団体を解散させます。高校時代に自信をつけたはずでしたが、自分は、一からだと何もできない無力な人間なのだと感じます。そこで、自分に足りないものは何かをあらためて考えた結果、リーダーシップ=マネジメント知識、巻き込み能力=営業力と考えました。
ネットで情報を探し、関西で営業活動をしている団体を見つけます。中でも最大規模の学生営業団体に入団して営業を学び、自分の営業スタイルが分かりました。それ以外にもほかの営業マンへの知識共有、システム作りも自主的に行います。そういった他の営業マンがしていないことをあえてしたことで、全国営業成績No.1の学生営業団体LUXY STYLEからヘッドハンティングの話をいただき、移籍しました。
 
 

No.1の学生営業団体で

LUXY STYLEでは主に経営企画、リクルーティング、組織構築を学んでいくことになります。

LUXY STYLE

既存の商材で、私はNo.1の実績を持っていました。そこで、今までにないタイプの商材で何としてもいい成績を残すという理念のもと全国展開を目論みます。まず関西からアクセスしやすい中国地方や中部地方の大学を周り、約500名の学生にヒアリング。そして愛知や岡山には、質の高い学生が集まりやすいという結果を得ることができました。そこで、現地でリクルーティングセミナーを開催します。SNSや現地の友人の紹介などを通して、1ヶ月ほどで20名規模の団体を作り、岡山では既に営業成績No1をあげることに成功しました。これで、自分の強みが組織構築や企画をする力だと確認できました。
今後の大学生活は就職のことも考慮しながら、作った組織の拡大、そして九州や関東への展開も構想として持ちながら、さらに充実感のある活動をしたいと思っています。大学に入り約2年かけて足を使い、頭を使い得た知識や知恵を生かし、今までお世話になった方々へ少しでも恩返しをし、力になれたらと思います。

[インタビュー日:2014年11月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る