ベトナムビジネスインターンに参加、
意識改革を実行、チーム力強化に成功

ベクトルを自分から他者へ向け、相手との対話・共感を重視、
熱意のある仲間と共に世界平和に貢献する経営者を目指す。

関西学院大学 理工学部 環境・応用化学科

蔦野 克道

氏名
蔦野 克道(つたの かつみ)

学校名
関西学院大学

学部/学科
理工学部 環境・応用化学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ

志望職種
IT系
与えられた仕事ならなんでも
営業系

出身
大阪府

希望勤務地
関東地方, 関西地方, どこでもOK!

学生団体
KeyBo

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

逆境体験あり海外経験ありインターン経験あり

高校時代は部活と勉強に注力、地道な努力家

高校時代に頑張ったことは、テニス部の活動と勉強です。毎朝5時半に起床する早寝早起きのリズムを整えたことで、両方の活動に生かすことができました。部活では、高校2年以降、3つのうち最も上のグループに所属することができました。勉強に関しても、地道な努力を重ね、学年30位以内を達成しました。

私は、いわゆる優等生です。担任からはホームルーム委員を任されることも多く、クラスをまとめる経験も豊富です。また、勉強の計画性や早寝早起きに関しては、自分を制御する意味でも大いに役に立ちました。夜更かしや徹夜ではなく、効率的に底力を出す形で能力を発揮できたと感じます。身をもって時間の重要性を感じたことで、集合場所には15分前に行くなど、時間厳守での行動も身につきました。

 

ベトナムでのビジネスインターンに参加、180度意識改革

大学入学後は、新しいチャレンジを心がけました。最も本気で取り組んだことは、ベトナムでのビジネスインターンです。2週間という限られた期間の中で、現地調査、ニーズに合った商品開発、販売に取り組みました。結論から述べますと、私たち3人のチームは、セレクトショップにて新商品の開発、販売に成功し、社長とマネージャーへのプレゼンを通して、条件なし採用という大きな成果を残すことができました。

しかし、この成果は順調に出せたわけではありません。そもそも当初の私は、自己中心的かつ臆病であり、本音で言い合うことを避けていました。常に自分が正しいとの考えの元、意見を発することもありました。そのような私が大きく変われたきっかけは、ファシリテーターの方のおかげです。また社長との面談でも「俺も27歳まで、自分にばかりベクトルが向いていた。俺が変われたんだから、カツも絶対に変われる」と言ってもらい、この気持ちに応えなければと考えるようになりました。そこでまず取り組んだことは、自分の意見を抑えることです。さらに相手の感情を考え、理解しながらのコミュニケーションを心がけることで、周囲の反応も大きく変わりました。相手に合わせることは、ビジネスだけでなくどのような場面でも求められることだと痛感しました。チームとして多くを学び、ラスト3日間で成果に結びついたこと、自分たちがつくったお土産がベトナムに残り続けることを大変嬉しく思います。

 

一緒に働く仲間の熱意を重視

仕事をする上で、私が重視している点は、一緒に働く仲間に熱意があるかどうかです。そもそも、私は自分の成長のためと言うよりも、同じ目標を持った仲間とともに仲間のために努力してきました。インターンのように、本音で高め合い、新しい商品を作りあげたいと思う仲間との切磋琢磨は、辛さを忘れ、自分という人間のポテンシャルを最大限に引き出すことができました。だからこそ、仲間の熱意は重要です。

しかし、仮に周囲のモチベーションが低い環境に置かれたとしても、対応できる自信があります。まずは、自分のモチベーションを抑え、相手のことを知り関係性を深めます。私と仲良くなれば、自動的にモチベーションが上がると思うためです。相手を理解した上で、相手も仕事を楽しいと思えるように、ポジティブな考え方を伝えていければと思います。

 

夢は、世界平和に貢献する経営者

私の目標は、一文字でいえば“神”、一言でいえば“1人の素晴らしい人になること”です。漫画「7つの習慣」に出てきた「人生の一番の成功は、素晴らしい1人の人間になることだと思う」のセリフに感動し、共感したことで、目標設定のきっかけです。

具体的な将来の夢は、経営者です。しかし、実現のためには熱量の高い仲間が必要であり、まずは営業経験を積み、相手の理解に徹することで深い人間関係づくりを学ぶことを目指しています。自己肯定感を高め、悩みの根本的問題に注力し、解決するためのメソッドを販売するような経営者が私の目標です。

私は小学生の頃から世界平和を目指していました。長生きして、自分が生きている間に、いかに世界平和に貢献できるかを考えています。しかし、どのような業界で働くにしても、20〜25歳ぐらいの間でいかに自分を成長させることができるかは、重要だと考えています。そのためにも自分と同じエモーショナルなタイプと、深掘りし現実的なアドバイスを与えてくれるタイプの両方と積極的に関わりたいです。そして、30歳で経営者になるための道筋を立て、成長し続けたいです。

 

[インタビュー日:2020年4月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る