最高の結果を出せる「環境」のために
率先してチームビルディングを実践!

「自分を卑下する性格」をトライアンドエラーで乗り越え、
「誰かを感動させたい」という想いでチームを盛り上げる。

宮城学院女子大学 教育学部 教育学科

渡邊 真優

氏名
渡邊 真優(たなべ まゆ)

学校名
宮城学院女子大学

学部/学科
教育学部 教育学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
メーカー
広告・通信・マスコミ

志望職種
IT系
事務系
営業系

出身
宮城県

希望勤務地
関東、関西

学生団体
campus collection SENDAI

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり全国大会出場インターン経験あり

部活動で「トライアンドエラーの精神」を身に付ける

私はもともと「自分はできない子」と思い込む傾向がありました。高校で憧れのダンス部に入ったものの、「未経験の自分」と「キャリアが豊富な周り」を比較して、自分を卑下してばかりいました。当然ダンスでも失敗ばかりでしたが、今思えば、周りの人に素直に「教えて」と言えなかったことが私の最大の失敗だったと思います。

ですが、当時の経験からは2つの大切な教訓を学ぶことができました。ひとつは「できない」と思い込んでしまう人の気持ちが理解できるようになったことです。相手の気持ちがわかることで、コミュニケーション力も大きく向上したと思います。

もうひとつは「トライアンドエラーの精神」が身に付いたことです。未経験だった私が周囲についていくためには、毎日コツコツ練習するしかありません。失敗しても「なんで失敗したんだろう、どうしたらいいんだろう」と考えてコツコツ練習することで、少しずつダンスが上達しました。小さな達成感を積み重ねるうちに全国大会への出場も果たすことができ、今では「コツコツ頑張れば必ず花開く」と確信しています。

 

「誰かを感動させる」という喜び

大学ではcampus collection(キャンコレ)という学生団体に所属しています。活動内容はファッションショーの企画運営で、私の担当はモデルさんのマネージメントや、ミスキャンという企画です。企画の知名度をどうやって上げるか、参加者の満足度を上げるにはどうすればよいかなど、毎日ワクワクしながら活動しています。

キャンコレに出会えて良かったと思うのは、自分の小さな力でも「誰かを感動させる」お手伝いができることです。スタッフみんなが同じ目線で同じ目標に向かって進んでいるため、全体のモチベーションが高いのも大きな魅力です。以前参加したインターンで、人事の方から「良い成果物は良いチームからしか産まれない」と伺ったことがあります。キャンコレは、まさにその言葉通りの環境です。

もちろん常に最高の状態というわけではありません。募集するモデルの人数が目標に達しないと、次第に雰囲気がピリピリしてくることがあります。そのような環境では一人ひとりのモチベーションが下がるため、キャンコレの全体の満足度も下がってしまうのです。ちょうど私の参加直後がそのような状態で、どうすることもできず歯がゆい思いをしました。

 

「チームビルディング」が結果につながる

チームの雰囲気が悪くなるのを避けるため、今私が特に力を入れているのが「チームビルディング」です。簡単に言うと「頑張ろうという意思で一致団結すること」なのですが、そのためにはコミュニケーションが欠かせません。まずは私から周りに積極的に声をかけ、やがて周りの人たちも互いに声をかけ合うことで全員のモチベーションが上がります。小さな問題が起こるたびにすぐ話し合うよう意識していれば、全体のモチベーションが下がることは防げると思います。

 

目標は「キャリアウーマン」

中学生の頃は「立派な人間になりたい」と漠然と思っていました。これは、何事にも自信がなかったことの裏返しだと思います。しかしインターンに参加したり、就職活動に熱心な友人と話すうちに「バリバリ働くキャリアウーマン」が私の目標になりました。バリバリ働いて、誰かの役に立ったり、誰かの成長に貢献したり、誰かを笑顔することができる人間になりたいと思っています。

 

[インタビュー日:2020年1月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

ES600

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る