インターンシップに参加後、論理的な
思考能力を身に付け、未来に応用する

得意な発想力をより一層伸ばすため、興味を抱いた分野に挑戦し
論理的思考力や水平思考を意識してスペシャリストを目指す。

上智大学 法学部 法律学科

山根 弘暉

氏名
山根 弘暉(やまね ひろき)

学校名
上智大学

学部/学科
法学部 法律学科

学年
4年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
企画系

出身
東京都

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
Sophia Comedy Society

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験ありインターン経験あり

自らの足りない部分を補い、伸ばす

私の特技は、自分の現在のステータスを五角形でイメージし、今の自分に足りないものを分析し、学ぶためにはどうすれば良いか、冷静に判断することです。高校時代には、美術部に所属し、自己表現に力を入れていました。また、大学入学後にはお笑いサークルに参加し、漫才を始めました。どちらも未知なる領域であり、自分に足りない能力を伸ばしたいとの思いから始めたものです。

私は新しいものを考えること、そして自分が考えたものが形になっていくことに喜びを感じます。例えばお笑いの場合、漫才を完成させるためには、ボケをひとつずつ考え、組み合わせなければいけません。このように実際の形の有無を問わず、何かを作り披露する作業が好きです。

 

インターンシップに参加し、論理的思考力を高める

最近、特に力を入れて頑張ったのは、株式会社インテージのインターンシップです。班ごとに分かれて、5日間のグループワークを行いました。元々私は政治に興味があり、大学では主に法律について学んでいます。しかし「論理的思考力を鍛えたい」との思いから、応募を決めました。私以外の応募者は、おそらく大学でもマーケティングリサーチを学んでいるのではないかと感じるような印象を受けながら、面接に挑みました。

インターンシップで求められたのは「与えられた課題に対して、班のメンバーと話し合い、方向性を決めながら考えること」でした。入社した場合、仕事のメインは情報解析・データ分析となるため、周りの参加者はシステム構築ができる人やモデル理論を勉強してきた人などが多く、専門的な知識に太刀打ちできるのだろうかと心配しました。

実際、段階を踏む間もなく、いきなり本番といった状況下に置かれ、戸惑ったことも事実です。しかし、周囲には豊富な知識を持った方がたくさんいました。そのため、助けてもらいながら、今「何が必要か」「何をすべきか」を必死に考えたことで、最終日のプレゼンの際には、自分なりに納得できるレベルに達することができました。ただ、完璧な仕上がりではなく、社員の方からのフィードバックを受けた悔しさもありますが、そのおかげで、今後自分が勉強すべき内容が見えてきたと感じています。

 

水平思考・垂直思考の両方を身に付け、応用を目指す

インターンシップの経験から、まず、私は「論理的思考=仮説を設定し、検証する作業」という結論を導くことができました。分析の手法を含めた実践的な方法や、様々な状況下においてどのように問題を発見するかといった内容を学んだことで、今後も様々な場所で応用できると実感しています。

また、発想力には既存の枠を超える「水平思考」と与えられた枠の中で物事を考える「垂直思考」の2種類がありますが、私は今、どちらも手に入れることを目指しています。元々、私は考えることが好きで、私の一番の武器は発想力だと自負しています。だからこそ、得意な発想力をより高められるよう、努力を続けたいです。

 

将来の夢は、業界を牽引できる人材となること

私の将来の夢は、何らかのスペシャリストを目指し、業界を牽引できる人材となることです。そのためにはどうすれば良いか、逆算して考えたところ、まずはものを作り出せる人間になること、そしてそのものを広めていくところから始めたいと考えています。

志望業界はいくつかありますが、まだまだ私の知らない業界も多数存在しているはずです。今の自分の知識や経験だけにとらわれることなく、発想力を試しながらチャレンジできる業界への就職を希望します。

 

[インタビュー日:2018年4月]

募集終了致しました。

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る