「世のあらゆる困りごとを解決する」
複数社で長期インターンを経験、夢へ邁進する日々

学生団体での会計業務やインターン先での数多い実務経験を経て
人々が抱える社会課題に自分ごととして向き合い、充実感を知る。

東北大学 経済学部

横室 友梨奈

氏名
横室 友梨奈(よこむろ ゆりな)

学校名
東北大学

学部/学科
経済学部

学年
3年生

卒業年
2019卒

志望業種・業界
業種・業界は問いません

志望職種
与えられた仕事ならなんでも

出身
群馬県

希望勤務地
どこでもOK!

学生団体
AIECEC

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり営業経験ありインターン経験あり

「自分を変えたい」という思いで飛び込んだ長期インターン

1年生の後期の半年間、宮城県内でリノベーション建築を手掛ける建設会社でインターンをしました。

リノベーション事業「杜の都のハウスシェフ

主な業務内容は、リノベーションシェアハウス入居者募集の広報、事業計画の策定です。元々この会社では、学生インターンが主体となり、リノベーションシェアハウスプロジェクトを運営していました。インターンを始めるまで、私は「親や友人に言われたからなんとなくやる」という他者ベースの動機でばかり物ごとを捉えていました。しかし、いつまでも自分で何かを考えることをせずこれまで通り「なんとなく」で人生を生きていていいのか。「このままではいけない」と思い、実際のビジネスの現場へ身を投じることにしました。数あるインターン受け入れ先の中で、 「仙台の街をリノベーションの力で盛り上げたい」とキラキラ目を輝かせ、夢を語る社長の姿に惹かれたからです。
 

仕事の成否を分けるのは「意思表示」と「情報共有」

インターン先の会社は小規模のため、一人ひとりに大きな裁量が与えられています。しかし、その分「誰かがやるからいいや」では済まされない部分が大いに存在しており、何ごとも自分で考えて行動しないといけません。インターンを始めて間もない頃は、 やりたいことやるべきことが山積みであるにもかかわらず、それがなかなか成果となって現れませんでした。新規入居者の集客に置ける問題が何なのか、背景を明確にできていなかったのです。
行き場のない思いから、コーディネーターの方へ愚痴をこぼしたことがありました。そうしたら「このままじゃ、半年間無駄にしちゃうよ。自分からぶつかっていかないと!」と言われたのです。それまで私は、インターンに参加すれば勝手に学びは与えられ、自分自身も変わることができると思い込んでいたことに気づき、ハッとしました。それから、インターン先の社員さんへ定期的なミーティングを開くことを提案しました。「どうすれば目標を達成できるのか」を真剣に話し合うと共に、自分なりの意見を1ミーティングあたり最低1つはぶつけるようにしました。
 

「能力」よりも「どんな姿勢で仕事に向き合うか」が大切

対話を重ねるうちに自分の価値を常に発揮するためには「能力があるかないか」というよりも「物ごとの考え方そのものや仕事へいかに向き合うか」が大事であるということに気づきました。対話を重ね、課題点を洗い出したことで「どうすれば課題を解決できるか」が分かり、正しい方向へ動けるようになります。
そして、目標としていた「シェアハウスにおいて7割の入居者を獲得する」「シェアハウス用の新規物件獲得」を両方達成することができました。更には、今後のインターン生の為に仕事を円滑に進めるためのノウハウを記録した成果物を作ることまで実現したのです。そして、インターンの集大成として、NPO法人ETIC.が主催している「地域若者チャレンジ大賞2016」に東北代表として出場し、優秀賞を受賞することができました。
 

堅実さを活かし、学生団体を財務の面からバックアップ

そもそも私がインターンシップをするきっかけとなった場が「学生団体AIECEC」でした。

AIECEC

入部したのは、大学に入学して間もない頃に、友人に誘われたことからです。「AIECECなら、学生のうちから刺激的な経験が積めるだろう」と団体の先輩方を見て感じたのが決め手でした。 財務統括として、財務諸表の作成などお金周り全般の役割を担っています。私は経済学部に所属していることもあり、実務的な会計業務に関心があったので、自分から立候補し今のポジションに就くことになりました。事務作業や予算組みなど細かく地味な作業です。納期を守るなど、当たり前のことを当たり前にこなすことが求められます。全国各地にあるAIECEC支部の中における、内部監査ランクで最高位を獲得することができました。
大学生向け海外インターンシップのコーディネートや受け入れをメイン事業におくAIECECにおいて、財務の仕事はいわば傍流です。バックオフィスに徹するので、直接利用者のサポートをすることもできません。「普通ならもっと目立つ仕事をしたいと思うのに、あなたはよくやっている」と言われることもありますが、私にとって財務の仕事は非常にやりがいを感じます。なぜなら団体メンバーの後押しをできるという充実感、支えつつ支えられているという安心感を肌で実感することができるからです。
 

ルールは身につけてこそ、破ることができる

2年生の夏休みには「今までとは違った環境に身を投じ、ビジネススキルを磨き己を高めたい」という思いから東京に本社を置く大手IT企業のインターンシッププログラムに参加しました。20日の期間内に、出された課題を解決するためのプログラミングを使った新製品を一人で作るという実践的なものです。最終的には、数百人いるインターン参加者のうち優秀者に選出され、内定をいただくことができました。周囲が3年生や修士1年生の先輩ばかりだったので、序盤は会場の空気に飲まれかけたものの、これまでの経験を活かしのびのびと取り組むことができました。何よりの勝因は、自分自身がインターンシップで作成した成果物が「いいものである」ということを胸はって伝えられたからだと思います。
成果物の作成にあたっては「こう作るといいよ」という、ある程度フォーマットが会社側から前もって提示されます。しかし私は、それを根本から見直しゼロから成果物の構想を練ったのです。一見型破りな方法に見えますが、これもユーザーのシステム使用シーンや表情を思い浮かべた上で、自分なりの最善策だと確信したからです。やみくもにフォーマットを破るのは単なるルール無視ですが、あらゆる場面を想定した上で精査した結果、最善な方法がフォーマットと異なるのであれば、それをちゃんと作っていくべきであると思います。
 

世の中にある「負」をプラスに変えていけるような仕事をしたい

将来は、世の中に存在するあらゆる困りごとを解決したいと考えています。「この業界に行きたい」などという明確な考えにはまだ至っていませんが、今後の学生生活や社会人生活を通じ、時にはもがきながら「自分が心からワクワクすると思えるもの」に出会えればと思います。

[インタビュー日:2016年11月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る