リーダーとして後輩育成に尽力、現状
ゴール両方を把握し必要な修正を行う

突然のイベント中止、代替案発表の必要性に対し、メンバーと
信頼関係を築き問題を克服、新企画を成功させ達成感を味わう。

立命館大学 国際関係学部 国際関係学科

吉川 真悠

氏名
吉川 真悠(よしかわ まゆ)

学校名
立命館大学

学部/学科
国際関係学部 国際関係学科

学年
4年生

卒業年
2021卒

志望業種・業界
IT・ソフトウェア・情報処理
サービス・インフラ
広告・通信・マスコミ

志望職種
事務系
営業系

出身
京都府

希望勤務地
関東地方
関西地方

学生団体
関西あおぞらプロジェクト

タイプ

リーダー型

知識収集型

クリエイティブ型

ボランティア型

リーダー経験あり逆境体験あり海外経験あり

高校時代は水球部マネージャー、英語の語学力向上に尽力

高校3年間、私が注力したことは、水球部のマネージャーとしての活動です。高校では、より高い目標を掲げている部活に入りたいと考えた私は、小学校の6年間取り組んでいた水泳経験を活かそうと、水球部に見学に行きました。しかし、女子のプレイヤーの募集はなく、マネージャーなら可能と聞き、参加を決めました。水球部は、全国大会出場を目指す、実力のあるチームでした。

しかし、水球は自分が経験したことのないスポーツかつ水中の格闘技とも呼ばれるほどハードなスポーツです。引退まで、マネージャーとしての意義について悩み続けました。支えとなったのは、前向きに頑張る選手の姿です。毎回マネージャーに対しても、感謝の言葉を述べてくれました。一方、先輩マネージャーは、見て覚えろというタイプのため、理不尽と感じることも少なくありませんでした。しかし、私は後輩に対して、同じ教え方はしたくないと、基本ルールの説明に加え、やるべきことを一通り伝え、3ヶ月かけて育てました。活動に関しては、悩んだこともありましたが、物事を最後までやり遂げる清々しさを実感できたことは、大きな喜びです。

勉学では、さまざまな人とコミュニケーションをとることができる点を魅力に感じ、特に英語に力を入れました。定期テストや模試では学年1位を狙い、更に短期留学により、実践的な英語に触れることができました。また最終的に学年1位も達成しています。しかし、英語を自分のものとして身につけたいと考えていたことで、ひとつの結果に満足することなく、継続して勉強に取り組めたと考えます。

 

学生団体のリーダーに就任

大学入学後に注力したことは、学生団体での活動です。大学2年生では、1年生を支援する団体リーダーを務めました。内容は、参加者を20人ずつに分け、クラスごとの親睦を深めるイベントなどの企画です。最も大変だと感じたことは、開催約2カ月前に1つのイベントが中止になり、代替案を考える必要に迫られたことです。しかし、メンバーのモチベーションが下がる中、私も落ち込んでいては良くないと、あえて気持ちを切り替え、一層コミュニケーションをとるようにしました。その結果、皆の得意分野や個性を発見し、各人のグループでの存在意義の認識に繋げることができました。一人ひとりと話し信頼関係を築いたことで、会議が活性化したことは、大変良いことです。以前と比べてモチベーションが上昇したメンバーとともに、無事に新しいイベントの立案に成功、最後には達成感を味わうことができました。この経験を通して、周囲を巻き込む力やチームで発揮する力の大きさを学びました。

 

後輩育成のため、試行錯誤を繰り返す

アルバイト先の塾では、バイトリーダーを務めています。人を動かす経験を通して、現在はプロジェクト活動のリーダーである後輩のモチベーションや意欲を高めるために必要なアプローチについて、試行錯誤しながら進めている最中です。まず、プロジェクトリーダーとは、一対一の形式においてプロジェクトの方向性を再確認しました。さらにプロジェクトメンバーのベストな巻き込み方について、方法や手段を共に考えました。これらの行動は、すぐに数字に表れることはありません。しかし、目標に向けたアプローチ方法を明確にした上で、現状を確認しつつ、今後の方針を決めていきたいです。

活動において楽しいと感じることは、会議中に自分と真逆の考えを持つ人たちと意見を交わせることです。どちらかといえば人の巻き込みに着目してプロジェクトを進めたい私と、効率性を重視し進めたい人との間で意見の対立はあるものの、納得できるまで話し合おうとするため、お互いの為になっていると感じます。

さまざまな活動を通して私が学んだことは、ゴールを意識しながら、アクションを細かく修正する必要性です。1回組んだフローをそのまま進めるだけでなく、常に現状を見ながら細かな軌道修正をした先に結果が見えてくることを学びました。

 

英語スキルを高めつつ、新しいことへの挑戦を目指す

残りの大学生活では、さらに英語の語学力を高めたいです。留学経験はありますが、帰国後は英語を使う機会が少なくなりました。スキルを高めるため、海外からのお客さまが来店する飲食店でのアルバイトを始めています。

将来に関しては、希望業種や職種は現段階で未定です。ただ、抽象的ではありますが、ゼロから新しいものを作りあげるような仕事に興味があります。また、楽しみながら積極的に仕事に取り組んでいる人たちが集まる会社が希望です。活気のある会社で、自分の意見を述べつつ、新しいことへの挑戦に取り組んでいきたいです。

 

[インタビュー日:2020年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

メディア掲載

メディア掲載

ガクセンブログ

学生を探す

強みで探す
卒業年で探す
特徴で探す
志望業種で探す
大学別で探す
学年で探す
専攻で探す
性別で探す

このページの先頭に戻る